第1092回 「このままではダメ」を知った高校引退後 梅林 優貴(広島文化学園大・捕手/日本ハム6位)【前編】2019年12月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高陽東高で「2年秋・ベンチ捕手」から這い上がる
[2]豪雨被害、キャプテンの労苦を超えて

 「有名校でないと」「いい環境がないと」そして「そもそもの体格・能力がないと」……。令和の御代。「ドラフト指名されない」の上にはこんな前書きが付くことが日常風景になりつつある。しかし、この男はそんな前提条件をすべて打ち破ってみせた。

 北海道日本ハムファイターズから6位指名を受けた梅林 優貴(広島文化学園大4年・捕手)がその人。173センチ85キロと決して体格に恵まれているわけではなく、チームは中国地区大学リーグ「2部」。そして自身は2つのアルバイトをかけもちしていた。

 では、なぜ彼は夢を叶えることができたのか?プロへの夢をあきらめかけている選手たちにもぜひ読んでほしい「努力の履歴書」を本人に語ってもらうことに。前編では高校引退後に垣間見た「プロの世界」の話を中心に、広島文化学園大入学までを追っていく。

高陽東高で「2年秋・ベンチ捕手」から這い上がる



梅林 優貴(広島文化学園大4年捕手・北海道日本ハムファイターズ6位指名)

―― 北海道日本ハムファイターズ6位指名おめでとうございます。実は広島文化学園大2年の夏、梅林選手が中国地区大学リーグ選抜チームの一員だった時に拝見する機会があったんですが……。その時も「凄い肩だな」という印象が強く残っています。

梅林 優貴捕手(以下、梅林) そうなんですね!あれ以来、野球雑誌に一文でも名前が載っているのが楽しみで、親と一緒に買って読んでいました(笑)

―― 結果的には大学4年生での飛躍がドラフト指名につながることになったわけですが、まずはキャプテンに立候補したことから聞かせてください。

梅林  自分の同級生は4人いるんですが、3年春まではそのうちの1人がキャプテンだと思われていました。ただ、彼自身はその評価を嫌がっていたことを知っていましたし、2人で話す中で「いずれにせよ勝てるチームを作らなければいけない。だったら俺がやるからサポートしてくれるか?」という流れで3年秋からのキャプテンに立候補したんです。

 その間、社会人チームの練習に参加させて頂く機会があった時「主張することの大切さ」を学ぶことができたし、これまで人生のうちに僕自身はキャプテンをやったことがなかったので……。実は中学も高校も僕、新チーム立ち上げ時にはレギュラーじゃなかったので、そういう機会もなかったんですよね。

―― 中学時代のサイズはどれくらいだったのですか?

梅林  170センチで55キロくらい。実は高陽東高でも60キロくらいでやっていました。中学野球引退後に右ひじを痛めて、リハビリしなから硬球に入っていったことはよかったし、野球をするのは楽しかったんですが2年夏が終わって新チームになっても、レギュラーではなかったんです。

―― では、どうやってレギュラーをつかみ取ったのですか?

梅林  高陽東でやった基本練習が大きかったです。高陽東にはコーチで2005年夏に甲子園出場した時のエースで拓殖大でもプレーした安部 良亮さんという方がいらっしゃるんですが、1年間守備面でじっくり教えて頂きました。そこに2年秋チームが大敗したタイミングも重なって、春からはレギュラーにになれたんです。

―― 最後の夏は広島大会ベスト8入り。

梅林  1学年上の先輩が同じところまで進んだ時は「ここまで長かったな」と感じたんですが、いざ自分たちの代になって経験してみると満足感はなかった。逆にそれが大学でのモチベーションになったので、今はよかったと思います。

―― 大学は中国地区大学リーグ2部の広島文化学園大に進みます。

梅林 2年生の時から見て頂いていたのにはびっくりしましたが、三原 新二郎監督からお誘い頂いて進学を決めました。

――大学入学前には衝撃を受けた出来事があったそうですね。

梅林  高校野球引退後に「トレーニングクラブ アスリート」でのジムワークを本格的に始めたんですが、そこにはシーズンを終えた中田 翔さん(北海道日本ハムファイターズ)や新井 貴浩さん(元広島東洋カープなど)がいらしていて。

 正直、高校ではある程度やれたので「小学校の時から目指していたプロ野球にこのままで行けるかな」とそれまでは思っていたんですが、身体の大きさにびっくりして。当時は阪神タイガースの監督に就任されたばかりの金本 知憲さんも「現役時代より小さくなったな」とつぶやいているんですが、実際の身体は岩のようなんです。そこで「ここままではダメだな」と思ったんです。

 それで大学入学後もずっとジムワークを続けていくようになったことで、体重だけでも大学入学時には70キロ。現在は85キロ。本当にいろいろなタイミングが合ったと思います。

【次のページ】  豪雨被害、キャプテンの労苦を超えて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

梅林 優貴(広島文化大)
梅林 優貴(うめばやし・ゆうき)
  • 広島文化学園大
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:173cm85kg
  •  野球好きな祖父の影響で広島市立亀山南小5年時にで安佐北少年野球クラブ(軟式)で野球をはじめ、チーム廃部によりスポーツ少年団三入クラブへ。「昔から壁当てして肩が強く投手の準備をしていたら最初の大会で投手候補が来て、監督に「捕手をする選手はいないか」と聞かれた時、防具を付けることに抵抗がなかったことから僕はそんなに嫌いじゃないですと言ってから」捕手がメイン。ちなみに小学校時代は5年間、剣道も同時に学んでいた。

     中学は広島市立亀山中(軟式)、高校は広島県立高陽東高校で捕手を続ける。当時のあこがれは谷繫 元信(元中日ドラゴンズ)や石原 慶幸(広島東洋カープ)で「谷繫さんや石原さんの試合を見ながら配球のチャートを付けていた」逸話も。高校通算は6本塁打・3年夏は広島大会準々決勝で準優勝した市立呉左腕・野村秀一(現:明星大4年)に完封負けで終わった。

     広島文化学園大に入学後は2年春からレギュラーを獲得。4年秋には最高殊勲選手・首位打者・ベストナイン捕手部門(2年秋・4年春に続く3度目)の「個人タイトル三冠」に輝き、入れ替え戦でも岡山商科大を2勝1敗でくだし初の中国地区大学野球リーグ1部昇格に大きく貢献。北海道日本ハムファイターズ6位指名に花を添えた。二塁送球タイム1秒8・50メートル走6秒2・大学リーグ通算179打数65安打。

  •    
【関連記事】
第1093回 投手に「そうだろうな」と思われる捕手に 梅林優貴(広島文化学園大・日本ハム6位) 【後編】 【2019年インタビュー】
第68回 「あの20キロを走り抜いたのは、彼がはじめてです」 恩師が語る「大野 雄大(中日ドラゴンズ)」【恩師が語るヒーローの高校時代】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー