侍ジャパン大学代表の紅白戦の模様をお伝え!各選手持ち味をアピール!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.01.25

 2018年12月、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで侍ジャパン大学代表チーム形成の第一歩となる「侍ジャパン大学代表候補選手強化合宿」が行われた。合宿2日目は、全39選手が参加しての午前6イニング・午後8イニングの変則紅白戦(投手は全員2イニング、紅白7投手ずつが登板。野手は紅組12名・白組13名でポジションを各回ごと<捕手は2イニングごと>に入れ替え)が開催。今回はその紅白戦の模様をお伝えしていく。

 午前中は序盤点の取り合いとなっての5対4という結果となった。

 印象的だったのは白組4番の檜村 篤史(早稲田大)が一死一塁から左翼ポール際中段へ豪快な2ランだ。右打者主軸候補に名乗りを上げた。また、2回も1点を奪った後、8番の高部 瑛斗(国士館大)がノーボール2ストライクから11球粘って四球を奪取。 次打者・篠原 涼(筑波大)の初球攻撃による右翼線適時二塁打も見事だった。



豪快な2ランを放った檜村 篤史(早稲田大)

 対する紅組の早川 隆久(早稲田大)も最速146キロを筆頭に140キロ中盤のストレートと、130キロ台のフォーク、120キロ台のスライダーを自在に操り2回で5奪三振パーフェクトの投球を見せた。

 各選手持ち味をアピールし、侍ジャパン大学代表・生田 勉監督も「成果が上がった。収穫あり。」と称賛するほどの紅白戦となった。

合宿1日目の模様
合宿3日目の模様

【関連記事】
ベストナイン2度獲得!関西学生野球連盟屈指の巧打者・竹村 陸(近畿大)に注目! 【ニュース - その他】
甲子園3度出場の左腕・三浦 瑞樹(東北福祉大) 侍ジャパン大学代表候補合宿は今後の糧に! 【ニュース - その他】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
第196回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【前編】【ドラフト特集コラム】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
第30回 「侍ジャパン大学代表候補」から学ぶ3つの心得【先輩から学べ】
第194回 ドラフト指名選手の宝庫!侍ジャパン大学代表の選手を動画で紹介 Vol.1【ドラフト特集コラム】
侍ジャパンU18代表vs侍ジャパン大学代表【2018年 第12回 BFA U18アジア選手権】
第710回 徳山壮磨(大阪桐蔭ー早稲田大学)「大阪桐蔭のエースへ。努力を継続した3年間」 【2018年インタビュー】
侍ジャパン大学代表vs侍ジャパンU-18代表【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
侍ジャパンU-18代表vs早稲田大学【2016年 第11回 BFA U-18アジア選手権】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
第176回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【後編】 【2014年インタビュー】
第175回 阪神タイガース 鳥谷 敬選手 【前編】 【2014年インタビュー】
第53回 早稲田大学 後藤 貴司選手 【2010年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本

コメントを投稿する

前の記事:
すべてはこの夏のため!プレーをするのが楽しい高校野球で甲子園に行く!(富山)
次の記事:
西短附・江崎、日章学園を完封!【春季九州地区大会 20日結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る