武元(智弁和歌山)

トーナメント表
和歌山大会の勝ち上がり

注目選手リスト
全国トップレベルの二刀流を擁する智辯和歌山、全国クラスの投手を擁する市立和歌山など公立校にも好選手が多数

全国の日程・結果一覧
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

 16日の第104回全国高校野球選手権和歌山大会では、昨年夏の甲子園優勝チームで、今年の春の近畿大会を制した智辯和歌山が登場する。

 圧倒的な試合運びでセンバツ優勝を飾った大阪桐蔭を破り、近畿大会を制した智辯和歌山が夏初戦に臨む。

 今年もタレント揃いだが、一番の注目選手は二刀流としてプロのスカウトの注目集める、武元 一輝投手(3年)。投手としては187センチの長身から最速148キロの直球を投げ込み、打者としても自慢の長打力で打球をかっ飛ばす。

 また、エースナンバーを背負う塩路 柊季投手(3年)もいる。140キロを超える速球を投げる本格派右腕だが、変化球でもストライクを取ることができる。先発として試合を作る能力には秀でるものがある。

 その充実した投手陣をリードするのは、昨年から正捕手の渡部 海捕手(3年)だ。テンポの良く投手をリードし、強肩でチームのピンチを救う。野手も注目選手が多い。青山 達史外野手(2年)は自慢の長打力で打線を引っ張り、主将の岡西 佑弥内野手(3年)は勝負強さが光る。また、1年生ながらスタメンに抜擢された花田 悠月内野手にも注目したい。狙うのは、昨夏に続く甲子園2連覇だ。

 16日には他にも、伝統校の箕島が登場するなど注目カードが並ぶ。

■7月16日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会

第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会
2回戦 智辯和歌山    7  -  0    田辺 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ
箕島    7  -  2    海南 和歌山県営紀三井寺野球場 応援メッセージ

■大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 和歌山大会