試合レポート

【阪神大学】大阪産業大が逆転勝利で2位確定!今春引退予定の4年生が勝利に導く

2024.05.10


8回表に決勝の適時打を放った秋山誠(大阪産業大)

大阪産業大が甲南大に逆転勝ち。6勝3敗1分で今季を終え、2位が確定した。

大阪産業大は社会人野球などでプレーを希望する一部の選手を除き、4年生の多くが春のリーグ戦で引退する。その中でこの日は現役最後の試合となる4年生が活躍を見せた。

まずは8番右翼でスタメン出場した主将の西本 悠馬(4年=立正大淞南)。今季はここまで安打がなかったが、1対1の同点で迎えた6回表、一死二塁から左越え適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功した。

「何とか意地で一本打てて、それがタイムリーでとても良かったと思います」と話した西本。チームを引っ張ってきた主将が最後にプレーでも貢献した。

その後、西本は続く代打・辻本 工稀(3年=龍谷大平安)の中前適時打で生還。リードを2点に広げた。

しかし、大阪産業大は7回裏に守備の乱れもあり、3点を奪われて逆転を許してしまう。それでも大阪産業大は8回表に二死三塁から1番・米田 光希(3年=中部商)の左越え適時二塁打で同点に追いついた。

なおも二死二塁と一打勝ち越しのチャンスで代打に起用されたのは秋山 誠(4年=飛龍)。高校時代は投手兼外野手として活躍していた秋山は昨年まで投手としてプレーしており、リーグ戦での登板実績もある。しかし、「どうしても大学でも最後は野手でやりたい」と3年秋のリーグ戦後から野手に転向し、現在は一塁を守っている。

これがリーグ戦通算2打席目で、初打席となった4月20日の大阪電気通信大戦では三振に倒れていた。緊張して大振りになってしまった前回の反省からコンパクトにセンター返しを意識していたという。

その通りに3ボール2ストライクからストレートを捉えると、打球はセンターに抜けていく。二塁走者の米田が生還して、秋山のリーグ戦初安打が貴重な勝ち越しタイムリーとなった。「コンパクトに振れて、結果につながって良かったです」と笑顔を見せた秋山。これが決勝点となり、今季最終戦を白星で締めくくった。

今春での引退を決めている秋山は「今日はとにかく最後まで楽しくやろうと思っていました。最後の最後まで自分が15年間やってきた野球の中で一番楽しい瞬間だったのかなと思います」と悔いなく野球人生にピリオドを打った。これからは就職活動に入り、草野球をすることは頭に入れているという。

秋山と同じく西本も春で引退して、主将の座は後輩に譲る予定だ。3年生には前日にリーグ戦初完封勝利を挙げた最速148キロ右腕の長友 一夢大阪)や昨年12月の侍ジャパン大学代表候補合宿に召集された小出 望那大阪産大附)など力のある選手が多い。「まだ詰めが甘いところがある。もっと自分に厳しく普段の練習のからやってほしいと思います。良い選手が多いので、期待は持っています」と西本は後輩にメッセージを送っていた。

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?