開幕から1ヶ月が経過した。ここまでを見る限りセ・パ両リーグともに独走するチームはなく、まだまだ混戦が続きそうだ。大きく抜け出すチームがない中で鍵を握るのが2軍から上がってくる「上積み」だ。

 故障や来日遅れなど様々な理由で、ここまで1軍での出場がない選手は多くいる。そんな彼らが本来の状態で1軍に上がってくればチームにとってこの上なく大きい。そこでここまで1軍で出番のない主な選手の状況を振り返ってみたい。(5月7日現在)

 新庄剛志新監督体制となった日本ハムを見ると、新外国人のガント投手、5年目のロドリゲス投手も登板なし。ガントは2軍でも登板していない状況だ。

 トミー・ジョン手術からの復活を目指す石川 直也投手(山形中央出身)は6日に1軍昇格を果たした。2軍で11試合に登板し、防御率0.82と結果を残した。復活に期待がかかる

 野手ではユーティリティープレーヤーの杉谷 拳士内野手(帝京出身)がコンディション不良のため出遅れていたが4月22日の2軍戦で実戦復帰を果たした。まだ打席数は少ないが、二塁と左翼の守備にもついており、守る方の不安もなさそう。結果を残して1軍昇格の時を待つ。

 昨シーズン、プロ初本塁打を含む8本塁打を記録した高濱 祐仁内野手(横浜高出身)も2軍で調整中。ここまで23試合で打率.247(77打数19安打)、3本塁打の成績を残している。

 春季キャンプで右膝を痛め離脱していた社会人出身のルーキー・上川畑 大悟内野手(倉敷商出身)は4月29日に2軍戦で実戦復帰。雨天のためノーゲームとなったものの、スタメンで起用されており安打も放っていた。

 俊足が売りの五十幡 亮汰外野手(佐野日大出身)は4月上旬にヘルニアの手術を受けリハビリ中。今シーズン中の復帰を目指す。

(文:勝田 聡)