選抜出場校の中学日本代表在籍数は? 大阪桐蔭や東海大相模など人気の背景も考察

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.03

大阪桐蔭のエース・藤江星河は2017年のボーイズリーグ日本代表(世界少年野球大会日本代表)

 出場32校が発表され、3月12日の開幕が待ち遠しくなった選抜甲子園。
 今回は、出場する選手たちの中学時代にフォーカスを当てていく。出場校の主力を担う選手たちの中には、中学時代に日本代表を経験した選手が多く存在している。そこで、出場校別に中学時代に日本代表を経験した選手の在籍数を見ていき、その背景も考察していきたい。

 今回の「日本代表の定義」は、2017年、2018年の侍ジャパンU-15日本代表(硬式・軟式)、ボーイズリーグ日本代表(世界少年野球大会日本代表)、リトルシニア日本代表(全米選手権大会メンバー)、NOMOジャパン(JUNIOR ALL JAPAN代表)の4つの選抜メンバーを対象とし、また秋季大会はベンチ外の選手もカウントする。

 個人選手を知りたい場合は下記の記事を見ていただきたい。

個人名もチェック!
選抜出場する中学日本代表経験者は何人いる?

 それではまずは一覧をご覧いただこう。

大阪桐蔭 12人
東海大相模 8人
健大高崎 6人
履正社 6人
智辯学園 5人
花咲徳栄 4人
星稜 3人
中京大中京 3人
智辯和歌山 2人
山梨学院 2人
仙台育英 2人
天理 2人
鳥取城北 2人
国士舘 1人
広島新庄 1人
明豊 1人

 1位は大阪桐蔭の12名となった。
 今や大阪桐蔭に入ることは中学生にとって大きなブランドになっており、スカウティングの頂点にいると言える。選手の獲得は関西がメインであるにも関わらず、「西谷監督を見た」といった噂は全国の至るところで立っており、実績も含めて中学生にとって大きな憧れの高校であるようだ。また、11月末から控え選手を中心に実戦経験を積ませる「生駒フェニックスリーグ」を設け、選手たちのモチベーションアップにつなげる取り組みを多くしており、野球を純粋にうまくなりたい環境が揃っている。そのため、卒業後もベンチ外の選手のほとんどが硬式野球継続。出口もしっかりしているところが人気の要因につながっている。

 多くの日本代表選手が集まる大阪桐蔭だが、行きたいと思わせる魅力、環境整備をしていることが一番の要因だといえる。また西谷監督をはじめとした指導者の方々も生徒思いの方々である。

 そうでなければこれほど継続的に入学することはないといえる。

 また、2位には東海大相模が8人でランクイン。
 歴史や実績もさることながら、東海大相模が持つ独特の雰囲気に憧れる声が目立つ。阪神タイガースにドラフト4位指名を受けた遠藤 成も「相模の持つ覇気に惹かれた」と語るように、伝統の「アグレッシブ・ベースボール」に惹かれて、多くの選手が入学を決めるようだ。

 3位は履正社健大高崎の6人となった。
 大阪桐蔭と並び、大阪の二大巨頭として君臨する履正社。2019年の第101回全国高校野球選手権大会の優勝など実績面も申し分なく、また寮を持たずに自主性を重視した岡田龍生監督の指導法が中学生の心を掴み、選手の獲得にも成功していると考えられる。

 そして健大高崎も、「機動破壊」に始まり、きめ細かい球数制限や打撃改革など、独自の取り組みで2010年頃から台頭してきたチームだ。他とは一線を画す熱い取り組みが、中学生の心を動かいているのだろう。

 その他、上位には智辯学園花咲徳栄など、実績も残しながら指導力にも定評のある高校がランクインした。
 日本代表の実績だけがすべてではないが、選手を見る指標の一つとして興味深いことは間違いない。甲子園を見る楽しみの一つして、注目してみてはいかがだろうか。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
改めすごい大阪桐蔭、そして近畿地区強豪校の輩出数 センバツ出場校出身の現役NPBプレーヤー
黒川史陽が唯一の1軍スタート!昨春の選抜を盛り上げた高卒ルーキーたち【パ・リーグ】
大阪桐蔭に5名!2018年U15日本代表経験者で選抜出場校に在籍している選手は10名!

【関連記事】
大会連覇を狙う健大高崎やエース・深沢が2連続完封中の専大松戸など!今週末には関東の頂点決まる 【ニュース - 高校野球関連】
選抜当確ラインの4強が出揃った近畿大会。8強入りには各府県1位校が3校 【ニュース - 高校野球関連】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
健大高崎vs國學院栃木【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
市立和歌山vs智辯和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
中京大中京vs海星【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第151回 生駒ボーイズ時代の恩師が語る井上朋也(花咲徳栄)「打撃に関してはすごくストイック」【高校野球コラム】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
第1020回 健大高崎、東京学館など強打のチームが登場!【秋季大会逸材ガイドブック・1日目】【大会展望・総括コラム】
第1020回 今年の東海大会は中京大中京、県岐阜商、藤枝明誠が中心か?各校、戦力が充実【大会展望・総括コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第1234回 潜在能力は歴代トップクラス。プロ志望の191センチの大型右腕・橋本拳汰(健大高崎)の 決意 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】
鳥取城北 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る