黒川史陽が唯一の1軍スタート!昨春の選抜を盛り上げた高卒ルーキーたち【パ・リーグ】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.01.28

唯一の1軍キャンプスタートとなった黒川史陽(智辯和歌山)

 2月のキャンプインまであと僅かとなり、各球団が現地入りし始めている。1年目を迎えるルーキーにとって初めてのキャンプとなるが、その中でも昨春の選抜に出場した選手たちの活躍を振り返ってみたい。セ・リーグに続き、今回はパ・リーグを見てみたい。

【オリックス】
前 佑囲斗津田学園
:2軍
龍谷大平安戦:11回 被安打4 奪三振6 与四死球5 失点2
平野 大和日章学園:2軍
習志野戦:4打数 1安打 0打点

【日本ハム】
該当者なし

【千葉ロッテ】
該当者なし

【東北楽天】
黒川 史陽智辯和歌山
:1軍
熊本西戦:6打数 2安打 2打点
啓新戦:5打数 2安打 0打点
明石商戦:5打数 2安打 1打点
水上 桂明石商:2軍
国士舘戦:4打数 1安打 1打点
大分戦:3打数 2安打 0打点
智辯和歌山戦:4打数 2安打 0打点
東邦戦:4打数 0安打 0打点
江川 侑斗大分:2軍
松山聖陵戦:4打数 1安打 0打点
明石商戦:3打数 1安打 0打点

【福岡ソフトバンク】
伊藤 大将八戸学院光星
:2軍
広陵戦:3打数 0安打 0打点

【埼玉西武】
該当者なし

 昨春の選抜出場者で12球団唯一の1軍スタートとなった黒川 史陽。最終的には5季連続で甲子園に出場した黒川は、選抜ではトータル16打数6安打3打点の活躍で、チームの8強入りに貢献した。

 その黒川のチームメイトの水上と江川はともに2軍スタート。水上はバッティングでは大きな結果を残せていないが、捕手として中森 俊介ら投手陣を牽引し、4強入りに大きく貢献した。また、江川は巧みなリードを駆使してエース・長尾 凌我を引っ張る、クレバーなプレーを見せた。

 また昨春の選抜で一気にブレークしたのが、津田学園の前は2軍スタート。初戦の龍谷大平安に延長11回の末に敗れたが、伸びのあるストレートを武器に近畿王者と互角の戦いを演じた。その前とともに2軍スタートとなった平野は、初の選抜に出場した日章学園の4番を務めた。

 そして3年連続日本一の福岡ソフトバンクの伊藤も2軍からのスタート。広陵戦では1番に座ったが、ヒットを打つことはできずに初戦で姿を消している。

 黒川の1軍キャンプスタートとなったが、先輩たちにどこまで食らいつくことが出来るのか。また、他の選手たちも2軍でアピールして、キャンプ中に1軍昇格となるのか。初のキャンプでの選手たちの頑張りに期待をしたい。

(文=編集部)

関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!
◆セ・リーグの高卒ルーキーで選抜出場者は?⇒昨春の選抜を沸かせた選手たちは2軍スタート!

【関連記事】
福留孝介タイプと評される黒川史陽(東北楽天)のパフォーマンスが高卒新人離れ! 【ニュース - 高校野球関連】
総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは? 【ニュース - インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明石商 【高校別データ】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
津田学園 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
日章学園 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【愛媛】秋季県大会決勝!西条が5年ぶりの優勝を果たす!
次の記事:
総合力高き142キロ右腕、報徳学園のエース・坂口翔颯の目指す姿とは?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る