2018年09月23日 京都府立山城総合運動公園野球場(太陽が丘球場)

京都すばるvs京都成章

2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

京都すばるの藤川が3安打完封



完封勝利を飾った藤川紘斗(京都すばる)

 昨夏の甲子園出場校である京都成章に甲子園初出場を目指す公立の京都すばるが挑んだ。

 この試合では京都すばる先発の藤川 紘斗(2年)が素晴らしい投球を見せた。球種はストレートとスライダーの2球種のみだが、いずれもコースに決まり、5回まで一人の走者も出さない完璧な投球を披露する。一方の京都成章先発の加藤滉基(1年)も落差の大きい変化球を武器に4回までわずか2安打と一歩も譲らない。

 試合が動いたのは5回裏だった。先頭の5番・瀧優樹(2年)が四球で出塁すると、犠打と内野ゴロで三塁に進む。8番の竹内慎補(2年)も四球で歩き、二死一、三塁で9番の池田悠雅(2年)が打席に入る。この場面で加藤が2球目に投じた球が暴投となり、三塁走者の瀧が生還。中盤で遂に試合の均衡が破れた。

 早く藤川を捉えたい京都成章は6回表に二死から9番の松浦誠也(2年)がチーム初安打を放つと、盗塁を決めて得点圏に走者を進める。しかし、ここは1番の澤野大輝(2年)が見逃し三振に倒れて得点を奪うことができない。

 これで勢いに乗りたい京都すばるは6回裏、一死から2番の寺嶋隆成(2年)が四球で出塁。続く3番の藤川がライト線に二塁打を放ち、二、三塁とチャンスを広げる。ここで4番・岸知健(2年)の左前適時打で1点を追加。さらに一、三塁とチャンスは続いたが、ここは加藤が踏ん張り、これ以上の追加点を許さない。

 ここまで長打のなかった京都成章は二死から4番の髙草木海音(1年)がレフト戦へ二塁打を放ち、反撃のチャンスを作る。続く打席には力投を続ける加藤が立ったが、一塁ゴロに倒れてこのチャンスを生かすことができない。

 味方の反撃を信じて粘りたい加藤だったが、7回裏に連続四球を出して降板。無死一、二塁というピンチで2番手に中井将太郎(1年)がマウンドに上がる。京都すばるは8番の竹内が犠打を決めて一死二、三塁とすると、9番の池田がスクイズを決めて大きな追加点を挙げた。

 最後まで快調な投球を続けた藤川は最後の打者を空振り三振に打ち取り、試合終了。3-0で京都すばるが勝利し、準々決勝にコマを進めた。

 京都成章打線を3安打完封に抑え込んだ藤川は制球力が抜群だった。特に右打者に対しては外角いっぱいにボールが決まり、相手打者が手も足も出ないという状況が多く見受けられた。それを示すかのように奪三振11のうち、見逃し三振は7を数えている。

 準々決勝では夏の大会で敗れた福知山成美と対戦することが決まっている。強豪を倒して勢いに乗る京都すばるが夏のリベンジを果たすことができるだろうか。

 

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季京都大会一次戦が終了!二次戦に進んだチームは? 【ニュース - 高校野球関連】
福知山成美や京都翔英などの強豪校がノーシード!今大会はどのように動いていくのか? 【ニュース - コラム】
第946回 福知山成美や京都翔英、京都外大西などがノーシードと京都は大混戦の模様!【京都大会展望】【大会展望・総括コラム】
第851回 龍谷大平安と福知山成美の2校が選抜出場で活気溢れる春季京都大会を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
福知山成美vs京都すばる【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第754回 圧倒的強さ見せた龍谷大平安、激闘の京都大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
福知山成美vs京都すばる【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
乙訓vs京都成章【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
京都成章vs洛星【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
神村学園vs京都成章【第99回全国高等学校野球選手権大会】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
京都すばる 【高校別データ】
京都成章 【高校別データ】
平成30年度 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る