2020年08月04日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

鎌倉学園vs鶴見

2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鎌倉学園・荒川が2安打13奪三振完封勝利


 サーティーフォー保土ヶ谷球場で行われた、鶴見鎌倉学園の2回戦。昨秋神奈川大会1回戦と同じ顔合わせとなったこの試合。秋は10対0で鎌倉学園が圧倒したが、今回は非常に見応えのある投手戦となった。

 鶴見の先発は右腕の伊藤 羽翼。非常に小さなテイクバックで、右肘・肩が背中側に入ることがなく、インステップ気味に踏み込みながら、身体の前側で腕を振る独特なフォームが持ち味。細身ながら、力強い速球を投げ込み、身体のバネを感じさせる。

 伊藤は初回を三者凡退に抑えると、2回以降は走者を許しながらも決定打を許さず7回まで無失点。8回に一死から続けて四球を出し、走者を溜めたところで5番・今井航太郎の三塁打、大薗洸人にタイムリーを浴び、3失点。9回にも走者は出したものの、得点は許さず9回3失点、9奪三振で完投。

 一方の鎌倉学園のエース・荒川 和慧は、ガッシリ体型の右腕。太もも、腰回り、胸回りに厚みがあり、体幹の強さを感じさせる。左足を上げたときに、頭からかかとまでスッと一本芯が入ったような安定感を感じさせ、オーソドックスながら力強いフォームで速球を投げ込む。

 荒川も伊藤同様、初回を三者凡退に打ち取ると、7回までわずか1安打、1四球、10奪三振と、鶴見打線に付け入る隙を与えない。先制点をもらった直後の8回には安打を許したが、アウト3つを三振で取り無失点。9回も0点に抑え、見事完封勝利を達成した。

 敗れはしたが、鶴見は秋からの成長を見せつけた一戦となった。2015年以来の夏1勝とはならなかったが、伊藤を中心にノーエラーと、締まったゲームを披露した。

 勝った鎌倉学園は、選手一人ひとりのレベルが高いチームだ。身体に厚みがあり、スイングも力強く、上位を狙えるチームだろう。一昨年夏の準優勝を越えるべく、次戦で強豪・平塚学園と相まみえる。

(文=林 龍也)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
専大松戸vs鎌倉学園【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
東海大相模が史上初の神奈川県大会5連覇達成!鎌倉学園との決勝戦を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模が横浜との一戦を制す!鎌倉学園が関東大会出場を決めた準決勝2試合を徹底レポート!【秋季神奈川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
鎌倉学園vs桐蔭学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
横浜桜陽vs横浜旭陵・相模向陽館【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
鶴見vs横浜南陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第892回 今年の神奈川は東海大相模が「横綱相撲」で頭一つ抜ける!上位進出チームの課題は?【大会展望・総括コラム】
第889回 東海大相模が最右翼!春季神奈川県大会準決勝の見所をチェック!【大会展望・総括コラム】
鎌倉学園 【高校別データ】
鶴見 【高校別データ】
令和2年度神奈川高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

鎌学!R・T 2020.07.18
絶対勝てる!
ファイト!

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る