水沢が終盤の花巻北の反撃をかわして快勝

 2回裏、水沢は四球で出たランナーを犠牲バントで送り、7番安倍大路(3年)の2点タイムリーで先制した。4回裏も四球で出たランナーを4番植松 大輔(3年)が右中間を破るスリーベースヒットで1点。さらに5番及川新(3年)のレフト前ヒットで追加点をあげる。その後も9番佐々木涼(2年)、1番神山海守(3年)の連続タイムリー。

 花巻北は2番手藤川将汰(3年)に投手交代するも、押し出し、ワイルドピッチなどで崩れ水沢は、この回一挙6点をあげ7対1と大きくリードする。

 水沢は5回、6回にも1点ずつ加え、7回表の花巻北は、この回無得点だとコールドゲーム成立と追い込まれた。

 7回表、先頭打者の代打新家幸輝(3年)が四球を選び出塁。その後の2人が倒れ二死一塁。
ここまで水沢の大瀬投手に花巻北は無安打に抑え込まれ後がなくなり高橋滉平(3年)がバッターボックスへ。
昨年も最後の打者を経験している高橋だけに、2年連続最後のバッターになるものか、絶対出てやるといった意地が表れ、花巻北初ヒットがレフト前タイムリーとなり待望の1点を挙げた。7番齋藤匠太(2年)も三塁線を抜く2点タイムリーを放ちこの回3点挙げコールドゲームを免れた。

 8回には両チーム1点ずつをあげ最終回、花巻北は最後の攻撃に望みをつないだが力つき、水沢が10対4で勝利し4回戦にコマを進めた。

(文=菊池 勝也)