印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第102回 ヤマハ 戸狩 聡希 選手2012年07月10日

 常葉菊川学園時代、2年春のセンバツで優勝。翌夏の甲子園では準優勝に導いた左腕。現在はヤマハで活躍中。今年で入社4年目となる戸狩 聡希選手に、今回はお話を伺いました。

【目次】
[1]追い込まれた場面で腕を振る勇気
[2]高校時代のピッチングと比べて
[3]甲子園優勝チームの当時の取り組みと、強さの秘訣

追い込まれた場面で腕を振る勇気

”ヤマハ 戸狩聡希選手”

――入社4年目の今年、これまでとは違うピッチングで活躍を見せていますね。

戸狩選手(以下「戸狩」) そうですね。入社4年目ということで、試合でも先発でも中継ぎでも経験させていただいていますが、調子はどんどん上がってきている感覚はあります。

――高校と比べて成長したな、と感じることは?

「戸狩」 精神面ですね。試合で打たれてピンチになっても、表情でそれを出さずに出来ているなという感じが特に最近はあります。

――ピッチングコーチの石井コーチも、戸狩投手について「最近は弱みを見せずに、マウンドで強がるようになった」とお話しされていましたね。

「戸狩」 やっぱりバッターも強気でくるので、ピッチャーが弱気だったら打たれてしまう。何事も、最近は強気で向かうことを心がけるようになりました。

 ただ、それも今年に入ってからで、1~3年目は打たれたりしたら沈んでしまうというか、弱気になっていたので。だけど、今年に入って、自信につながることがいくつかあったので、それで強気になること、またピンチでも動じないというのが出来てきたと思います。

――自信につながった試合というのは?

「戸狩」 (5月の)京都大会ですね。(予選リーグの)大阪ガスと、準決勝のパナソニックとの試合を投げて、どちらも内容的には良かったんですけど、課題が見つかったんです。とくにパナソニック戦で、ランナー無しの場面で、カウントがノースリーになってしまった。それでカウント1-3から置きにいってしまったんですよね。そしたら、そのボールをホームランにされてしまったんです。
 きっかけは、そこですね。その時に、監督さんと石井コーチから『ノースリーやワンスリーになっても、フォアボールでもいいから腕を振れ』と言われました。『腕を振らずに打たれるのは悔しいだろ。それなら腕を振ってフォアボールの方がいい』と。それからはオープン戦でも意識して投げるようになって、ワンスリーになっても、腕を振って抑えることが出来るようになりました。

――フォアボールへの意識というのも変わりましたか?

「戸狩」 そうですね。自分はこれまで、フォアボールを出すことが一番嫌いでした。フォアボールを出したくないという思いから、ボールを置きにいって打たれることが多かった。だけど、監督さんからの言葉で、自分で変わったなと思いましたね。
 腕を振ることの意識って、小さなことのようですが、結構大きなことなんですよね。それが京都大会で学ぶことが出来て良かったなと思いますね。

このページのトップへ

【次のページ】 高校時代のピッチングと比べて

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

高山 俊
戸狩 聡希
  • 生年月日:1990年06月26日
  • 出身地:愛知県
  • 常葉菊川高等学校
  • 常葉菊川学園時代、2年春のセンバツで優勝。翌夏の甲子園では準優勝に導いた左腕。
【関連記事】
第798回 中京学院大中京と東邦が2強、菰野が追う!1回戦では中京大中京と静岡に注目【大会展望・総括コラム】
第708回 センバツ出場の静岡がリードし、東海大静岡翔洋と常葉大勢が追う【大会展望・総括コラム】
第68回 静高が筆頭だが常葉勢や新鋭私学勢力も元気【静岡・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第551回 第99回全国高校野球地区大会を振り返って「伝統校と新鋭校が入り混じった今年の東海地区」【大会展望・総括コラム】
第522回 【静岡展望】静岡が抜け出ているが、藤枝明誠と東海大静岡翔洋が食い下がるか【大会展望・総括コラム】
第161回 常葉学園菊川高等学校 桒原 樹 選手 【2013年インタビュー】
常葉菊川 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー