印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第81回 駒澤大学 白崎勇気選手2011年09月28日


 駒大岩見沢高2年の夏に背番号16をつけてベンチ入りを果たすと、その南北海道大会では全試合を1人で投げ抜いた。さらに3年の夏は、今度はエースとしてフル回転。北北海道大会(※)を制し、チームを甲子園に導いた白崎勇気。高校卒業後は、駒大に進学。1年の春から神宮で登板するなど、順調に結果を残し続けた。この春、チームは6季ぶりに一部復帰し、神宮では自己最速148キロをマーク。

「僕は身体能力が低いけど、ピッチングは力だけじゃない。ようはバランスです」と語る白崎。高校・大学と常にチームの柱として、試合に出続けた白崎だが、もちろん彼なりの考え方や工夫がそこに詰まっていた。

(※この年から駒大岩見沢は北北海道に移る)

【目次】
背番号16、主戦で投げ続けた高2の夏
レギュラーを勝ち取るための白崎勇気投手の考え方とは?
大学に入ってからは体を強く!

【次のページ】 駒澤大学 白崎勇気選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

白崎勇気選手
白崎 勇気(しらさき ゆうき)
  • 生年月日:1989年12月14日
  • 出身地:北海道
  • 身長・体重:178cm・74kg
  • 投打:右・右
  • 駒大岩見沢高等学校-駒澤大学
【関連記事】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第56回 NEXTクラークを狙え!2017年はウェルネス、星槎国際湘南が旋風を巻き起こす!?【夏の大会特集2016】
第9回 通信制高校が高校野球界を変えていく!甲子園初出場を決めた創部3年目・クラーク記念国際高校に続け!!【夏の大会特集2016】
第419回 上野 翔太郎投手(中京大中京―駒澤大学) 「満身創痍の中でも快投ができたコンディショニング術」 【2016年インタビュー】
第22回 大きく、高校野球の歴史と意識を変えた駒大苫小牧の連覇(北海道)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第104回 2015年の高校野球を占う【北北海道編】 旭川地区、十勝地区も混戦!ダークホースはクラーク記念国際!【大会展望・総括コラム】
第188回 駒澤大学 今永 昇太選手(北筑出身) 【2014年インタビュー】
白崎 勇気(駒大岩見沢) 【選手名鑑】
駒大岩見沢 【高校別データ】
駒大苫小牧 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー