第78回 西武ライオンズ 菊池雄星投手2011年08月12日


手の温かさに人間性が宿っている。
菊池雄星と握手をするたび、そう想う。
手を差し出せば、必ず、両手で軽く握り返し、ぺこりと頭を下げる。
分厚くて暖かい手。
ただ大きいだけでない、彼自身の器の大きさそのものなのだろう。

 「良い人」はプロの世界では成功しない。
度々、そう言われてきた。間違いなく『良い人』菊池はしない人に括られる。

 だが、もし、その定説が事実なのだとしたら、野球界はその程度の世界だということになる。良い人が成功しない世界。野球界がそんな狭い世界であっていいものだろうか。いわば、菊池雄星の存在は、これからの野球界を変えうる存在になるべきなのかもしれない。良い人が生き残っていく世界、菊池はその路線を歩んでいく。

 6月某日、西武第二球場を訪れた。当時、ファームにいた菊池はイースタンの試合が終わった後に話を聞かせてくれるという。広報の案内で彼と対面すると、真っ先に、握手をしてくれた。温かい手だった。花巻東高校時代は、アマチュアNO1左腕と騒がれ、ドラフト1位で埼玉西武に入団。その後、故障を患い、昨シーズンをほぼ棒に振った。菊池はこの1年、何を想い歩んできたのか。高校時代からこれまでを語った。

【目次】
2011年、プロ初勝利達成!
強豪・花巻東で学んだこと
『凡事徹底』の日々
花巻東のカバーリング力の秘訣
レベルアップのための意識

2011年、プロ初勝利達成!

"打者を抑えるコツがつかめてきました"

――今は2軍ですが、今年は開幕一軍を獲得しました。去年までとの違いはありますか?

雄星選手(以下「雄」) もともと、今シーズンにはOP戦から調子が良かったんで、順調に来ているかなという感じですね。打者を抑えるコツがつかめてきました。

――コツとは?詳しく聞くと?

「雄」 高校生は、力勝負で抑えられましたけど、プロって、力も大事ですけど、交わすことも大事かなと。最近になって、やっと、分かってきました。今まで、いかに意味のないところに力を入れていたか、いかに、力むことが意味のないことだったんだなと気づきました。

――気づくきっかけがあったんですか?

「雄」 高校の時は力で抑えていたので、気づかなかったです。去年は投げていないですし、OP戦も1イニング、2イニングとか短いイニングだったんで、力で行けば何とかなるって感じだったんですね。

ファームに落ちて、先発に入っていく中で、力だけで投げていたんじゃ、一巡したら打たれてきます。低目に投げて、コンビネーションさえやっていれば、楽だなということが経験からつかめてきました。

――去年の怪我から、学んだことはありますか?

「雄」 去年に関しては何もやっていないんで、得るものといったら、『我慢強さ』『打たれ強さ』『忍耐することの大事』です。でも、技術的なことは何もできなかったので、ある意味、僕は1年目みたいなものですね。これから多くのことを学べるんじゃないかと思っています。

――菊池投手にとって、この時があったから今があると思えるのはどの時期ですか?

「雄」 やはり高校ですね。間違いなく。

このページのトップへ