印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第67回 開星高等学校 白根 尚貴選手2011年06月18日


高校に入学してすぐに即戦力としてベンチ入り。さらに、秋には1年生ながらエース番号をつけて中国大会を制覇。昨年は春・夏連続で甲子園に出場した。
この3年間、“エース”として、常に注目を集めてきた白根だが、これまでどんなことを感じ、チームにとって、どんな存在であろうとしてきたのだろうか。
今回は、3年生となった白根に「エースの役割」を聞いた。


エースの役割

エースとしてチームを牽引する白根

「絶対にチームを負けさせられない役目」

1年秋からエースナンバーを背負う白根 尚貴に、自分の役目は何かと唐突に尋ねると、即座にそう返してきた。
「失点しても、最少失点に抑える。そして攻撃に繋げる。自分のピッチングでリズムを作って、相手に流れを渡さないこと」
とも、つけ加えた。

エースという立場は、白根にとっては慣れ親しんできたポジションでもある。小学校3年で野球を始め、6年生まではほぼエース級の扱いでマウンドに立ち、中学時代は「乃木ライオンズシニア」に所属し、3年間エースを務め、チームをけん引してきた。

開星に入学後も、高校生になってわずか半年後にエース番号を背負うことになった。その秋は中国大会で優勝。昨年は春夏連続で甲子園にも出場した。だが、自身の内容に触れると「まだまだな部分があった」と振り返る。

「今までは、自分のピッチングがうまくいかないと表情に出すことが多かったんですけれど、そういう時はあえて笑顔でいるようにしています。以前はマウンドでカッとなって打たれて、流れを止められなかったことが多かったですね」

 1年生からマウンドに立ち続けると、普段なら見えるはずのことが見えなくなりがちになるのも事実。特に白根は高校入学時から実力が抜きん出ていて、”お山の大将“のような一目置かれる存在でもあった。気持ちのコントロールという課題は、克服できるようで、なかなか出来ない。昨年は目につくことがある度に、バッテリーを組んでいた先輩捕手の出射徹(現広島経済大)が苦言を呈してくれていた。

「でも、今年は自分が引っ張る立場。特別な感情があるわけではないけれど、やっぱり自分がエースなので」
最上級生になり、責任だけは果たさなければと思っていた。

【次のページ】 開星高等学校 白根 尚貴選手(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

白根 尚貴
白根 尚貴
  • 出身地:島根県
  • 開星高等学校
  • 高校に入学してすぐに即戦力としてベンチ入り。秋には1年生ながらエース番号をつけて中国大会を制覇。明治神宮大会出場。
    昨年は春・夏連続で甲子園に出場した。
  • 選手名鑑
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1015回 一人一人の人間的成長で、もう一度ノーシードからの大逆転を目指す 安田陸人(益田東)【後編】 【2019年インタビュー】
第1013回 甲子園に出場した先輩たちに追いつくだけでなく越える 注目のスラッガー・安田陸人(益田東)【前編】 【2019年インタビュー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第78回 私学3強、開星が突出して石見智翠館と立正大淞南が追いかける【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第667回 石見智翠館の連覇で幕を閉じた春季島根県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
第3回 【2017年 キミは最も輝いていたで賞!】夏直前でベンチ入り、甲子園で正捕手に。湯淺仁(開星・3年)【現地記者の高校野球取材ノート】
第369回 横浜DeNAベイスターズ 梶谷 隆幸選手「ベースランニングは正方形で回りたい」 【2016年インタビュー】
第244回 横浜DeNAベイスターズ 梶谷 隆幸選手(開星高校出身) 「2014年セ・リーグ盗塁王を獲得した秘密」 【2015年インタビュー】
第221回 横浜DeNAベイスターズ 梶谷 隆幸選手(開星高校出身) 【後編】 【2014年インタビュー】
開星 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー