第10回 オリックス2軍打撃コーチ 古屋英夫さん2008年01月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

今年からプロへと活躍の場を移す。左:中村君と右:大田君(写真:07'甲子園球場vs神村学園)

 東京にもいろんな注目選手がいますが、

 今年は関東に良い選手が多かったですね。千葉なんか結構多かったですよね。市立船橋の山崎君はうちと縁がありましたしね。

 ちなみに大田選手(帝京)とか中村選手(帝京)の評価は??

 太田君は春の時点で、20三振とりましたね。その前年の秋の神宮大会でも146キロでて良かったですね。だから、その時点で上位候補っていうのは決まっていました。夏は調子が良くなかったですが、うちでも3巡目の候補でした。ま、1位は本人に負担がかかってしまうかなとは思いました。ちょっと気の弱いところもあるのかなと。

 本人のことも考えて順位とか決めるのですか?

 ええ。そうですね。あんまりプレッシャーをかけられると可愛そうですしね。特に高校生はね。

 なるほど。

 今年、日本ハムに入った吉川君とうち(オリックス)に入った延江君は同じ広島の高校出身でむこうが広陵、うちが瀬戸内ですが、広陵の方がしっかりした野球をするし吉川君の方が早くデビューしましたが将来的にはうちは延江君のほうが良いと思って捕っていますし。今年に関してはそうですがユニフォームを脱ぐまで競争ですから、延江君もやってくれると思いますね。もちろん横浜・PL・東北・仙台育英出身の選手なんかはすぐデビューしてますよね。あんまり駄目な選手はいないしね。

 やはり名門という事ですね。

 そうですね。やはり名門校出身の選手の方がスタートの時点ではもまれてきていますので、差が出ますよね。もちろんプロの世界に先輩がいますし、その点で公立高校から入ってきた選手は最初の方は戸惑うでしょうね。その差が最初は大きいでしょうね。

 なるほど。では中村選手は??

 うちは岡田君がいるので。中村選手も、もちろん良い選手ですよ。逆方向に強い打球が打てるし、外野もできると思いますが、選手の評価とチームの強化ポイントが違い今回はご縁が無かったです。でもソフトバンクの3順目でしょ。うちも評価もそのくらいでしたよ。二人とも3巡目まで入っていますしね。当然うちも評価はしていましたよ。

 毎年、プロ野球に70名程、新人選手が入団しますが、プロに入って成功する選手としない選手の差はなんですか??

 準備ができているかどうかだと思います。準備の段階で故障してしまう。入団発表の時に、注意はしますが、準備不足で体系が変わるくらいの選手がどうしても毎回、何人か出てきます。そういう選手はキャンプに行っても最初から別メニューとか。もうヨーイドンで遅れてしまっている。そういうケースはよく見ます。まずは準備ですね。

またプロに入ってくるという事は、良い選手なので、チャンスを物にするかどうかですね。必ず何度かチャンスは与えられるので、ものにしない選手は誰々の言い訳にするんですね。

どっかで逃げている。ん〜。ま、ドラフトがゴールではなくスタートなので、ここを勘違いしている選手も中にはいます。もちろんプレー以外のそういうメンタルの面も見るようにしていますが、中々難しいですね。

 年間に観戦する試合数は

 ん〜。よく聞かれんだけど。(笑)試合数は分からないです。3月スポニチ大会から11月の明治神宮大会まで月にだいたい休みは2日3日くらいですね。東京だと必ずどこかでシーズン中は野球やっていますから数はちょっと分からないですね。試合が無い時は練習を見に行ったりしますね。

 どうやって選手の情報は得ていますか?最近は情報化の時代で隠し玉とかも少なくなってきています。

 今は隠し玉は無理ですね。準硬式とか軟式とかやっていないと。

選手の情報に関しては注目の3年生を見に行った時に2年生・1年生も見ています。2年生の段階ならBランクでもチェックしますよ。今の時点でこのレベルだから来年はこのくらいになるのではと思いながら。だから急に出てきた選手って少ないですよ。プロの候補になるなら1年2年から試合に出ているのが多いしね。だから自分の地区の情報を他の所から得るというのは無いですね。大学生も高校生の時、注目していた選手がプロに進まず大学に進学して追跡調査になったりとか。急に出てくるのはほとんどい無いですね。

 大学生と言えば斉藤選手とかですね。

 そうですね。彼は2年の秋の神宮大会で見ていましたが、牽制が上手いという印象しか無かったですね。サードの牽制がうまくて毎試合牽制で1個殺してました。

相手の高校生もMTGで彼の牽制について指摘しているとは思うんだけど、毎試合刺していましたね。先乗りしていなかったのかな、っと思う程、毎試合刺していましたね。

でも斉藤君の場合は凄かったね。予選の決勝で危なかったんだよね。三高に勝たなかったら良いピッチャーだな、で終わってたから彼は運もあるよね。彼のおかげで甲子園も盛り上がったし、今年の六大学もね。去年まではどこでも座れたんだけど今年は観客が多くて。(笑)やっぱり学生もお客さんに見られて励みになりますよね。

 スカウト活動している中で印象に残っている選手は?

 早稲田の鳥谷君。順調に成長してますよね。青木君、由田君、あの時の早稲田は強かったですね。青木君があそこまでなるとは思わなかったけど。鳥谷君は順調に来ていますよね。高校生だと最近では、マー君かな。あのスライダーはプロの選手は振らないと思ったけど、振ってるからね。マー君のほうが上だったね。

 奪三振率が凄いですよね。

 あのボールを振るから、上もゾーンも降ってしまう。下を振るという事は次は目つきを上にするので今度は上の球も振ってしまう。スライダーは自分の予想をはるかに上回っていましたね。いいピッチャーだとは思っていましたが、ここまで1年ローテの軸で回って故障しなかったっていうのが高校生では凄いことですよ!!彼は1年間ふるにいったり打線の良いソフトバンクに会わせて登板したりしていましたからね。

今年の唐川君も地元だし1年の時から見ていますから、やはり良い選手は出てきますね。あまり出てきてほしくないんだけど。(笑)
彼は入った時はそんなに凄くはなかったんだけど、秋にはいいボールを投げていましたね。あれだけのまっすぐがあればね。全国大会に出れば注目されますよ。

もっとも佐藤君が155キロ投げなければ、もっと競合したんじゃないのかな。でも佐藤君のあの試合を見たけど、佐藤君の球も凄かったよ!
あれは良い物を魅せてもらったね。凄かった。あの球が常時でれば、プロでも充分通用すると思います。

【次のページ】 オリックス2軍打撃コーチ 古屋英夫さん(3)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

古屋英夫さん 
  • 生年月日:1955年8月1日
  • 木更津中央高等学校(現在の木更津総合高等学校)
    亜細亜大学 1978年 日本ハムファイターズに入団。
    1991年 阪神タイガース移籍
    1993年〜2002年
    日本ハムで打撃コーチ、チーフコーチ。
    2003年
    オリックス・バファローズでスカウト
    2008年
    同球団の2軍打撃コーチを務める。
    最多勝利打点 1回(1985年)
    ゴールデングラブ賞 4回(三塁手:1982年、1983年、1985年、1986年)
    オールスターゲーム出場 2回(1979年、1985年)
【関連記事】
第10回 スポーツライター・小関順二さん×高校野球ドットコム副編集長・河嶋宗一の12球団ドラフト分析予想【オリックスバファローズ編】【プロ12球団ドラフト分析2018】
第29回 松田 宣浩選手(中京-福岡ソフトバンクホークス)「あいつにはすべてを託したいと思わせる魅力がある」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第10回 山﨑 康晃選手(帝京-横浜DeNAベイスターズ)「プロ入りした選手でこれほど極端に変わったのは山﨑が初めて」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第50回 木更津総合(千葉)編「常に全力が身上の木更津総合のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第11回 【侍ジャパンU-18代表コラム】敗戦も大きな収穫を得た侍ジャパンU-18代表【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第212回 福岡ソフトバンクホークス 松田 宣浩選手(岐阜・中京高出身) 【2014年インタビュー】
木更津中央 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー