第1288回 高校通算30本塁打に達した強打者・加藤公翔(中央学院)。拓殖大では即戦力の活躍に期待2020年12月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 東都二部の拓殖大の合格者が発表された。その中で注目したいのが、中央学院加藤 公翔だ。173センチ74キロとそれほど上背は大きくないが、高校通算30本塁打を超える長打力、俊敏な三塁守備が持ち味の左打者だ。合格者の中でも即戦力の活躍が期待できる加藤の成長を振り返る。

体、技術共に成長



春から拓殖大に進学する加藤公翔(中央学院)

 今、振り返っても凄い打撃だった。
6月に取材した時、木製バットで打席に立った加藤は次々と長打を量産。高校生の左打者としては完成度が段違いだった。

 そんな加藤は取手シニアから評判の選手。当時は、松濤友朗(専大松戸)、菊地 竜雅常総学院)といった好選手とともにプレーした。

 中央学院に進むきっかけとしてはシニアの先輩だった宇田 周平(中央学院大)、長沼航(日大国際関係学部)が活躍していることに影響されて入学を決めた。

 加藤は1年夏の大会が終わった8月下旬の練習試合から出番が与えられ、さらに初本塁打を放ち、一気に9本塁打を放つ。

 冬の間は徹底としたトレーニングを行った。体重も入学から10キロも増え、単純にパワーも増えてきたが、技術面の成長も大きい。

 加藤が行ったのは、ボールの見極め。1年生のときはボール球の変化球を振って凡退することも多かった。それが我慢できるようになったことで、打率も本塁打率も高まった。

「見極めも良くなったですし、打撃練習や練習試合では甘く入ったボールを1球で仕留めることを意識してすごい変わってきました」

 また課題の守備も苦手意識はあったが、「先輩からアドバイスをもらって、ボールの下を見るようにすること。また、一歩目を意識して、動いたことで守備力も向上してきたと思います」

 夏の大会前は篠木 健太郎擁する木更津総合と対戦することを目標としていた加藤。しかしその目標は叶わず、地区トーナメントで敗退となった。それでも能力が高い選手であることは変わりない。

 拓殖大で攻守で力を発揮し、躍動する選手になることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1297回 父は日本ハムコーチの飯山 志夢(中央学院)。甲子園中止時にもらったエール 【2020年インタビュー】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは?激戦が予想される準々決勝の見所を徹底紹介【大会展望・総括コラム】
第1226回 県内屈指の巧打者・青木優吾(中央学院)「優勝を目指して後輩たちに良い姿勢を見せていきたい」 【2020年インタビュー】
第1016回 戦国千葉2020がスタート。8ブロック別で注目カード、注目の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
加藤 公翔(中央学院) 【選手名鑑】
拓大紅陵 【高校別データ】
拓大一 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー