第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き2020年11月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 8年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園。その投手陣の柱としてチームを牽引したのが138キロ左腕・西村 王雅だ。京都シニア時代から注目を浴び、1年夏にして甲子園のマウンドを踏んだ西村のこれまでの経緯に迫っていく。

1年生で全国のレベルの高さを知ることができた



西村王雅(智辯学園) ※写真は秋季近畿大会より

 京都宇治市出身の西村。父・基治さんは平安高校(現・龍谷大平安)1990年夏の甲子園で2勝を挙げた左腕投手として活躍した。その父に憧れ、京都シニアから本格的に投手転向。中学1年の時は118キロぐらいだったがランメニューを中心に行い、気づいたら中学3年には最速138キロをマーク。

 智辯学園に進むきっかけとして西村は「智辯学園のユニフォームがきっかけです。あのカッコいいユニフォームをきて甲子園のマウンドに立ちたいと思いました」と入学を決意する。

 そして西村の出番はすぐに訪れる。1年春からベンチ入りし、そして近畿大会の智辯和歌山戦で中継ぎとして好投を見せ、勝利に貢献した。
「1年春からベンチ入りするとは全く思っていなくて、あの試合は気持ちでは負けないと思って投げて。うまく力が抜けて投げられたと思います」

 智辯和歌山戦の好投で評価を高め、大事な場面でも登板し、夏でも甲子園出場に貢献する力投。そして甲子園でも登板を経験した。

 夏の奈良大会、甲子園を終えて西村は「初めて全国のレベルを知ることができて、気持ち、コントロールにブレがありましたので、コントロールを良くするために修正を行いました。また、エラーが出てもいかに落ち着いて投球に切り替えることができるかと考えて投げていきました」と制球力、精神面を課題において日々の練習、投球に取り組んだ。

 秋の近畿大会では4強入りしたが、西村の中では満足行く出来ではなかった。そして冬の練習、自粛期間中でもテーマを掲げ、個人練習に取り組んできた。

 そして夏の大会では3年生中心だったため、登板がなく、久しぶりの登板は甲子園だった。

【次のページ】 二度目の甲子園で好投。今度はより多くの勝利を導ける投手に

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
智辯学園vs平城【奈良県 2020年秋の大会 令和元年秋季近畿地区高等学校野球大会奈良予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第274回 岡本和真を輩出した智辯学園期待の怪物スラッガー・前川右京の進化の軌跡【ドラフト特集コラム】
中京大中京vs智辯学園【2020年甲子園高校野球交流試合】
智辯学園vs橿原【奈良県 2020年奈良県高校夏季野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
第494回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「4番打者として選抜優勝も自分の未熟さを実感した」【前編】 【2017年インタビュー】
第492回 智辯学園高等学校 太田 英毅選手 「目指すはセンバツ二連覇!」 【2017年インタビュー】
西村 王雅(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー