第1226回 県内屈指の巧打者・青木優吾(中央学院)「優勝を目指して後輩たちに良い姿勢を見せていきたい」2020年08月10日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 県内でもトップクラスの強力打線を誇る・中央学院。その中央学院打線をけん引するのが主将の青木 優吾だ。新宿シニア出身の青木は1年夏からスタメン出場。強敵・習志野戦で古谷 拓郎(千葉ロッテ)からサヨナラ本塁打を放つなど、その能力の高さをいかんなく発揮してきた。現在は170センチ72キロと体つきもたくましくなり、高校通算20本塁打近く、50メートル6秒フラットの俊足を武器にする強打者だ。

 その青木の決意に迫る。



青木優吾(中央学院)

 東京屈指の名門・新宿シニア出身。2017年秋、関東大会で強豪を次々と破り、関東優勝を決めた中央学院の強さに惹かれた。「環境面や、また指導者の方々もとても良い人たちばかりで、そこに惹かれて中央学院入学を決めました」

 青木は1年生から起用され、夏ではスタメン出場も多くなる。そんな青木がヒーローとなったのは西千葉大会準決勝の習志野戦だ。真夏の中、繰り広げられた接戦で青木は大仕事をやってのける。

 5対5の同点で迎えた10回裏、青木はプロに進んで好投手・古谷 拓郎(千葉ロッテ)のストレートをとらえ左翼席に運ぶサヨナラ本塁打を放つ。
「無我夢中でした。今でも本当に打ったのかなと実感がないぐらいのホームランです。

 1年生からベンチに入らせていただいたのですが、そこにはベンチから外れた3年生もいるので、結果を残さないといけないプレッシャーも強かったのです。打席に立った時、マウンド上にいる古谷さんはとても大きく見えました。そういう投手から打てたことは大きな自信となりました」

 

 その後、甲子園も経験。済美戦では3番ファーストでスタメン出場。初打席で初安打。3打数1安打に終わったが、「先輩たちに連れて行ってもらってとても良い経験になりました」と振り返る。

 その後の青木は打撃だけではなく、50メートル6秒フラットの俊足、強肩を生かした外野守備で、主力選手として牽引。2年秋から主将に就任し、チームを引っ張ってきた。走攻守ともにレベルアップし、県内でも指折りの選手に成長。最後の1年、飛躍を誓った時に新型コロナ感染拡大の影響で、千葉も公式戦中止。5月20日、甲子園中止が決まった。中止の後、相馬監督からは「甲子園が中止になって、目標がなくなり、3年生は気持ちが落ちる中、難しい状況だけど、それでも現役が終わるまではしっかりと3年生をまとめてほしい」と願いされ、3年生と団結しながら、練習を重ねてきた。

 それでも自粛期間中でも精力的にトレーニングを続け、現在は170センチ72キロとまだ華奢だった高校1年生の時と比べれば格段に体つきもたくましくなった。

 その証拠に木製バットでの打撃練習では快音を響かせ、長打性の打球も放つ場面も。ヘッドを利かせ、外野遠くへ運ぶ打撃は高校生としてはレベルが高いだろう。

 そして青木はトーナメント制での大会が開催されることに感謝し、「期間は短いですけど、優勝を目指していきたい」と意気込んでいる。高校最後の夏、青木は後輩たちに良いバトンをつなぐために取り組む姿勢にもこだわった。

 「最後の大会なので、後輩たちにも自分の最後の頑張っている姿勢を見て、今まで1年生につれてもらったので恩返しができるように、しっかりと良い姿勢を見せていきたいと思います」

 1年夏から千葉の高校野球を盛り上げてきた県内屈指の巧打者は大暴れを見せることができるか。

記事=河嶋 宗一

関連記事
控え選手中心の中学時代からプロ注目の大型捕手へ。田所宗大(いなべ総合)の着実な成長ステップ
通算58本塁打の大砲、超高校級の「坂本勇人」など「公立校」にいる逸材たち
【組み合わせ】2020年三重県高等学校野球夏季大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは?激戦が予想される準々決勝の見所を徹底紹介【大会展望・総括コラム】
中央学院vs佐倉【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第1016回 戦国千葉2020がスタート。8ブロック別で注目カード、注目の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
中央学院vs東葉【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】 【2018年インタビュー】
山梨学院vs中央学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
中央学院vs習志野【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs成田【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会】
青木 優吾(中央学院) 【選手名鑑】
中央学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー