第1100回 ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由2020年02月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中学時代は本塁打0本。長打力を磨くために取り組んだこと
[2]打撃調整法は自分に「これが大事」というものを作らない

 14試合で20本塁打を放った天理打線の4番を座り続けた山地 裕輔。大正シニア出身の山地は秋だけで公式戦3本を記録した182センチ80キロの大型スラッガーだ。神宮大会3打席連続本塁打を放った河西 陽路など強打者が揃うが、山地のポテンシャルの高さを見ると大きな期待を抱かせる逸材であることは間違いない。

 首脳陣からの評価も高い山地の歩みを振り返る。

中学時代は本塁打0本。長打力を磨くために取り組んだこと



インタビューを受ける山地裕輔(天理)

 元から長打力があったわけではない。大正シニア時代は主に三遊間と捕手を務め、球に長打があっても二塁打、三塁打程度でさく越えは1本もない。全国大会は二度経験しているが、バリバリの一流選手ではなかった。

 天理に進むきっかけとして、山地の母が天理大出身で、そのことを知った野球部関係者が山地を誘い、天理入学が決まった。

 高校入学と合わせて外野手に転向し、いきなり1年春からベンチ入りし、1年秋にはレギュラーとなる。

 そのとき、まだ長打力がなかった山地にとって転機となったのは1年冬の練習だ。コーチとマンツーマン指導を受け、ロングティーを中心にこなし、少しずつ長打力を身につけていく。
 初本塁打が飛び出したのは2年夏の大会前の練習試合で初本塁打。これが野球人生初めてのさく越え本塁打となった。

 そして新チームになり、さらに長打力を磨くために意識的に縦振りすることを心がけている。そのため山地は打席に入る前に縦振りする動作を繰り返しているが、これは無意識に縦振りで振り抜くためのイメージトレーニングだそうだ。

 また、スイング時に腰が開きやすくなる欠点を防ぐために腹筋に力を入れて抑える。その腹筋を鍛えることを行った。
 その結果、公式戦3本塁打を放ち、4番打者としての重責を果たした。

【次のページ】 元プロの中村監督が明かす山地を4番で起用する理由

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

 山地裕輔(天理)
山地裕輔
  • 大正シニア-天理
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:182センチ 80キロ

       
【関連記事】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
山地 裕輔(天理) 【選手名鑑】
天理 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー