第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ2020年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]変化球の投げ込みを一部制止されて直球の威力が向上
[2]更なるスケールアップと投球にも幅を

更なるスケールアップと投球にも幅を



坂口 翔颯(報徳学園)

 制球力に球威も加わってき、新チームではエースとなった坂口。
 秋季兵庫県大会では明石商を相手に1失点完投勝利を挙げ、自らのピッチングにも自信を持ち始めたが、秋季近畿地区大会では再び大きな壁にぶち当たった。

 「天理戦は打たれてはいけない場面で、ホームラン打たれてました。それも『投げ切ったボール』ではなく『甘く入ったボール』です。1球の怖さを改めて感じましたし、単純な力の面でも負けているなと感じました」

 天理戦での敗戦を経て坂口は、更なる制球力の向上に取り組むことにした。
 これまでの投球練習では、多少甘いコースにいってもボールが強ければ「ナイスボール」で済ませていたが、この冬からは甘いコースに対しては妥協を無くし、「ナイスボール」で済ませないことをバッテリーで徹底。一球一球への意識を徹底的に高めた。

 またピッチングのバリエーションを増やすために、更なる直球の威力向上にも取り組んでいる。
 これまでの坂口の投球スタイルは「変化球を見せて、速い真っ直ぐで仕留める」組み立てであったが、ここに「速い真っ直ぐを見せて、変化球で打ち取る」組み立ても増やしていきたいと大角監督は話す。

 「変化球を見せて、真っ直ぐを速く感じさせる配球はいつでも出来ますが、逆ができるようになるともっと投球が楽になるかなと思います。
 夏はバッター(のレベル)が全然違ってくるので、全部逃げの配球だとしんどくなってきますからね」

 越えるべき壁はまだまだあるが、大角監督は「課題」という表現は使わない。それは坂口の持つ潜在能力への期待と、これまで積み上げてきた信頼の表れだろう。
 大きな期待を背負う坂口だが、最後の夏に向けて掲げるのは「圧倒する」ことだ。

 「兵庫県でギリギリで優勝してるようでは、甲子園でもダメだと思います。優勝するのは当たり前ぐらいの気持ちでやっていかないと、甲子園では勝てないと思うので、それぐらいの気持ちを持って戦いたいと思います」

 総合力高き右腕が、一冬越えてどこまでスケールアップしているのか。春からの投球に注目だ。

(記事:栗崎 祐太朗)

関連記事
◆他のインタビュー記事を読んでみる
今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器
「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

坂口翔颯(報徳学園)
坂口 翔颯(さかぐち・かすが)
  • 阪神ボーイズ-報徳学園
  • ポジション:投手
【関連記事】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1141回 大阪桐蔭戦で好投し、注目を浴びた193センチ右腕・達孝太(天理)。憧れはダルビッシュ有 【2020年インタビュー】
第1135回 評価急上昇の巧打堅守の2番セカンド・中嶌優(中京大中京)はチームメイトも認める努力家 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1133回 強打の天理の中で守備の人・杉下海生(天理)。目指すは「U-18代表のショート」 【2020年インタビュー】
坂口 翔颯(報徳学園) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー