第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】2019年10月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】

[1]大阪電通大高との試合で完投勝利したことが自信に
[2]決勝では投打に活躍も慢心なし

 今夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社において、救世主的存在となったのが、岩崎 峻典(2年)だ。清水 大成(3年)に次ぐ投手がチームの課題となっていたが、夏の大阪大会で台頭。甲子園では準決勝の明石商戦で1失点完投、決勝の星稜戦でも好リリーフを見せて、胴上げ投手の栄光に輝いた。この夏で岩崎が急成長した理由、そして今後の目標について聞いてみた。

前編はこちらから!
夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】

大阪電通大高との試合で完投勝利したことが自信に



岩崎峻典(履正社)

 夏の大阪大会では背番号を取り返し、甲子園出場に大きく貢献した。岡田龍生監督も驚くほどの活躍を見せたが、その裏にはターニングポイントとなった試合があった。それが4回戦の大阪電通大高戦だ。この試合で先発した岩崎は15奪三振の好投で1失点完投。2対1というロースコアの接戦を勝ち切る原動力となった。

「全体的にストライク先行でいけていくことができました。テンポも良かったので、守りやすかったと思います」とこの試合での投球を振り返る岩崎。調子は普通だったそうだが、この試合で結果を残したことで、確固たる自信を身につけることができた。

「これまでは打たれる心配をしてマウンドに上がっていました。ボールになったらストライクを入れにいかないといけなくて、それを打たれることが多かったのですが、大阪大会終わってから甲子園にかけて成長できたと思います」

 甲子園でも2回戦と準々決勝を除く4試合で登板し、エースの清水をバックアップした。その中でも特に印象に残っているのは1失点完投した準決勝の明石商戦だという。

「清水さんも体力的に疲れていたと思うので、休ませてあげたいという意味と自分が抑えるという強い気持ちがあったので、抑えることができました。あまりランナーを出してないので、それが良かったと思います」

 盗塁やスクイズなど、細かい攻撃を得意とする明石商だったが、四死球0と無駄な走者を出す場面がほとんどなかった。1回表に4点の援護をもらったことも好投の追い風となった。2日前の準々決勝で清水が完投したことを考えると、チームにとっても価値のある完投勝利だった。

【次のページ】 決勝では投打に活躍も慢心なし

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
岩崎 峻典(いわさき・しゅんすけ)
  • 履正社
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:175センチ74キロ
  •  
【関連記事】
第246回 二塁送球は山瀬慎之介に匹敵!内山壮真(星稜)は野球センスの塊だ【ドラフト特集コラム】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
第648回 「星稜第3期黄金時代」と悲願の日本一の実現へ。星稜の今後の展望【野球部訪問】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
岩崎 峻典(履正社) 【選手名鑑】
内山 壮真(星稜) 【選手名鑑】
大高 正寛(星稜) 【選手名鑑】
奥川 恭伸(星稜) 【選手名鑑】
清水 大成(履正社) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー