目次

[1]走り込みは必要な時期もある
[2]一気に伸びた球速と不安定な握りで投げるスプリット

 9月7日にプロ志望届を提出し、ドラフト指名の期待が懸かるのが日本体育大の北山 比呂だ。最速154キロの速球を武器に、今春のリーグ戦では最優秀投手に選出され、日本代表にこそ選ばれなかったが、大学日本代表選考合宿でも力強いストレートを披露した。

 そんな北山の力強い直球のルーツは、横浜高校時代からに遡る。「最速154キロ」到達までの道のりを追った。

走り込みは必要な時期もある


 北山は、横浜高校時代から速球派としての片鱗を見せていた。藤平 尚真(東北楽天)、石川 達也(法政大)といった一学年下の好投手の陰に隠れた存在であったが、高校3年の夏には決勝の東海大相模戦で145キロを記録。公式戦登板も決して多くはなかっただけに、その実力に驚きを見せた高校野球ファンも多かった。

 「高校時代は伸び悩みもありました。下に藤平もいましたので、球速を上げないと追いつかないという意識があったのですが、でもどうしたら球速が上がるのかが分からなくて。最後も145キロがでましたが、ちょっと遅かったなという感じでした」

 高校時代の3年間を振り返ると、北山はランニングばかりをこなしていたことを口にする。トレーニングと言えばメディシンボールを使ったメニューくらいで、あとはポール間走やアメリカンノック、ペッパーなど、とにかく走り込みのメニューを行っていた。

 北山は高校時代のランニングメニューについて、年齢や時期に応じてランニングメニューが組まれていたことで、最終的に140キロ台中盤まで球速がアップしたと分析する。



北山比呂(日本体育大学)

 「走り込みは必要な時期もあると思います。走り込みをやる時期と、やらない時期を分けた方がいいのかなと思いますし、特に瞬発系の短距離走はトレーニングにも繋がってくると思います」

 横浜高校のランニングメニューは、松坂 大輔投手や涌井 秀章投手など多くの一流投手を鍛えていったことで有名だが、北山もそうした環境の中で少しずつ力をつけていったのだ。
 そして日本体育大学入学後、北山の球速をさらに押し上げる練習や出会いが待っていた。

 まず一つ目は、ウエイトトレーニングを本格的に始めたことだ。
大学2年の秋頃からに球速が一気に上がったと語る北山だが、これは大学入学後から取り組んだウェイトトレーニングによるものであると考えている。

 「ウエイトトレーニングや、チューブを使った補強トレーニングを継続して行ったことで、体とフォームがやっと合うようになってきたと思います。入学した時はまだ体が出来ていませんでしたし、体が出来たことでフォームも崩れなくなったと思います

 トレーニングにより、高校時代は70キロほどだった体重は79キロまで上昇。筋肉量もアップし、フォームが崩れず怪我もしない体が作られていったのだ。