第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中!2019年09月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 9月3日、第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ5日目。侍ジャパンU-18代表vsパナマの一戦。侍ジャパンU-18代表は、苦戦の末、パナマを5対1で破り、対戦成績を4勝1敗として、スーパーラウンド進出を決めた。今回は勝利のキーマンとなった選手をインタビュー。

 5試合中、4試合のマスクをかぶり、勝利に導き、首脳陣、投手陣の評価を高めている水上 桂明石商)に迫る。



水上桂(明石商)

 5試合35イニングで、防御率1.80と抜群の安定感を発揮している侍ジャパンU-18代表の投手陣。その投手陣の持ち味を引き出しているのが水上だ。代表入りが決まり、水上は佐々木 朗希をはじめとしたレベルが高い投手とバッテリーを組むことを心から楽しみにしていた。その投手陣の持ち味を引き出すために研究とバッテリー同士の話し合いは惜しまなかった。

 水上は大会後、必ず投手と一緒に相手国の映像を宿舎で見て、どんな攻めなのかを有効なのかを話し合った。水上に他国の印象を聞くと、スラスラと打者の傾向を話す。今回対戦したパナマの印象について問われると、
「外角球が強く、特にリーチが長いので、僕たちでは届かないと思ったコースでも、打てるのが特徴だと思いました。今日は西(純矢)でしたので、ストレートはインコースを使い、フォークの攻めがカギだと思っていました」
 西は試合前プラン通りに投げることができていた。西は自分のボールが投げることができなかったと語るが、水上は「球威もあり、フォークが良く、組み立てがしやすかったです。パナマの打者は踏み込んで、外角球もヒットにできる力があるので、インコースも揺さぶっていきましたが、西はそこに投げることができていました」と好投の称えた。
 そしてバットでも魅せる。6回裏、インコースを振りぬき、レフトポールに直撃する本塁打を放った。この一打には水上は満面の笑みで振り返った。

「打ったのはインコース。しっかりと腰を回転できてよかったです。僕はホームランを打つ選手ではないのですし、これまで全然打てなくて、前の試合から、自分の前の打者が敬遠されて、僕勝負になって打てずに悔しい思いをしていたので、本当に打てて良かったです」
攻守で活躍を見せた水上に対し、投手陣は絶大な信頼を置いている。パナマ戦でバッテリーを組んだ西は
「水上は自分の意見をサインで主張しつつ、僕が投げたいボールもしっかり投げさせてくれるリードをしてくれます。
 キャッチングもいいですし、間合いの取り方も非常に良いので、すごく頼りになる良いキャッチャーだなと思っています」

 また31日の南アフリカ戦で5回無安打の好投を見せた浅田 将汰有明)も「キャッチングが良いので、本当に投げやすいです。僕が投げる落ちるボールをしっかりと捕ってくれるので、頼もしいですね」とキャッチングの良さを絶賛する。
 そして水上も投手を信頼してリードする。だからこそ安定感のあるピッチングが成り立つのであろう。

 水上がいなければ今の投手陣の活躍はなかった。そしてスーパーラウンド進出が決まった侍ジャパンU-18代表。Aグループで1位通過が決まっている韓国との対戦が決まっている。

 韓国の印象について水上は「勢いに乗ったら止められないチーム。ストレートにも強い打線ですし、怖さはあります」と警戒をしている。それでも戦える手ごたえはある。オープニングラウンドで登板がなかった佐々木、奥川 恭伸がスーパーラウンドで復帰するからだ。水上はこの2人とバッテリーを組んで、世界大会に臨むことを心から楽しみにしていた。

 明石商の正捕手として、春夏の甲子園で計6勝を導き、そしてこの大会でも4勝を導いた水上は、今年の高校生では、最もチームを勝たせる捕手として邁進をしている。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

水上桂(明石商)
水上桂(みずかみ・けい)
  • 明石商
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:172センチ72キロ
  •  
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1001回 明石商に勝つためでなく全国の壁を破るため。秋の兵庫県王者・報徳学園が見せる強豪の矜持【野球部訪問】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
安樂 智大(済美) 【選手名鑑】
飯田 晴海(常総学院) 【選手名鑑】
逸崎 友誠(明徳義塾) 【選手名鑑】
岩重 章仁(延岡学園) 【選手名鑑】
上林 誠知(仙台育英) 【選手名鑑】
内田 靖人(常総学院) 【選手名鑑】
奥村 展征(日大山形) 【選手名鑑】
熊谷 敬宥(仙台育英) 【選手名鑑】
園部 聡(聖光学院) 【選手名鑑】
髙橋 光成(前橋育英) 【選手名鑑】
高橋 由弥(岩国商) 【選手名鑑】
田口 麗斗(広島新庄) 【選手名鑑】
竹村 春樹(浦和学院) 【選手名鑑】
松井 裕樹(桐光学園) 【選手名鑑】
水上 桂(明石商) 【選手名鑑】
森 龍馬(日大三) 【選手名鑑】
森 友哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
山岡 泰輔(瀬戸内) 【選手名鑑】
吉田 雄人(北照) 【選手名鑑】
若月 健矢(花咲徳栄) 【選手名鑑】
渡邉 諒(東海大甲府) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー