第960回 伸びのある快速球のルーツは中学2年秋。変化球の重要性を感じた甲子園 篠木健太郎(木更津総合)【前編】2019年06月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【篠木健太郎のギャラリーもチェック!】

【目次】
[1]エースに登りつめたストレートの改良
[2]初めての甲子園はただただ緊張した

 今年の高校2年生はスラッガーが多いが、投手でトップクラスの実力を誇るのが木更津総合篠木 健太郎だ。177センチ68キロと細身の体型から投げ込む速球は最速146キロを誇る。そのストレートは球速表示以上にキレを感じるが、そのストレートを生み出すのは、上半身と下半身の動きが連動した投球フォームは「美しい」と形容できる。篠木と公式戦で対戦した打者は口を揃えて、「速球、変化球も素晴らしく、今まで対戦した投手の中でもトップクラスでした」と語る。

 1年夏に甲子園デビューし、今年の関東大会では超強力な東海大相模打線に対し、7回まで被安打3、1失点の好投。8回裏に安打を浴び、降板したが、がっぷり四つの投球を見せ、さらに評価を高めた。2016年から続く千葉4連覇を目指し、キーマンとして期待される篠木はどんな野球人生を歩んできたのか?

エースに登りつめたストレートの改良



篠木健太郎(木更津総合)

 群馬県出身の篠木が野球に初めて出会ったのは幼稚園の時だ。
 「父はサッカーをやっていたんですが、そんな父と小学3年生まで一緒に遊びでやっていたんです」

 ボールを追いかけるのに楽しさを感じていた篠木は小学3年生の春休みに、地元にあった明和ジュニアヒーローズに入団。本格的に野球を始め、当時はピッチャーだけではなくサードやショートを兼任していた篠木は意外なことを告白してくれた。

 「正直、投手は嫌いだったんです。元々コントロールが悪くて、試合を壊してしまうこともあったんです。なので、内野を守っているときの方が楽しかったです」

 その後、明和中学校に進学した篠木は小学校の先輩がいたこと、そして練習環境に惹かれて館林ボーイズ(硬式)に入団する。

 館林ボーイズでは週3、4日の練習をこなしていく日々。篠木は中学時代もピッチャーを続けたが、下級生までは、同じ学年の中では3番手投手の位置付けで、外野手がメインとしての活躍が続いた。



これが篠木健太郎の「ストレートの握りだ!

 転機となったのは中学2年生の秋。篠木はある決断をした。
 「自分の中でストレートと変化球を天秤にかけて、どちらを先に極めるか考えた結果、ストレートを磨こうと決めたんです」

 「当時、自分の体は周りに比べると小さかったので、指2本で普通にリリースしていても勝てないと思ったんです。だから親指も使ってボールに回転をかけて、ボールのキレを上げました」

 篠木のストレートの握りは少し独特だ。
 人差し指と中指の第一関節をしっかり縫い目にかけつつ、ボールと指の隙間をなくしてがっちり握る。そしてリリースの時に、ボールをつぶすようなイメージでリリースするようにした。こうすることで親指と人差し指、そして中指の3本の指でボールに回転をかける。その結果、ボールのキレや伸びといった質が向上した。

 進化したストレートに加えて、カーブやスライダーがある程度ストライクゾーンに収まるようになった篠木。これらの成長があり、3番手投手から最後の夏はエースにまで上り詰めた。

【次のページ】 初めての甲子園はただただ緊張した

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

篠木健太郎(木更津総合)
篠木 健太郎(しのぎ・けんたろう)
  • 木更津総合
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長:175センチ 体重:66キロ
【関連記事】
第1028回 コロナ禍があっても千葉は戦国千葉だった【2020年総括】【大会展望・総括コラム】
第1292回 千葉で難攻不落の存在となった篠木健太郎(木更津総合)の3年間の軌跡 【2020年インタビュー】
第268回 春秋とも10超え!競合必至の早川隆久(木更津総合ー早大)のK/BBが異次元すぎる…!【ドラフト特集コラム】
第149回 高校時代、公式戦出場0の比護涼真(木更津総合出身)が関東学園大の正捕手へ【高校野球コラム】
木更津総合vs千葉英和【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
木更津総合vs市立松戸【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1017回 木更津総合、専大松戸の同ブロックには強豪が点在!千葉開催の関東大会をかけた千葉県大会は初戦から熾烈!【大会展望・総括コラム】
第1016回 篠木健太郎が期待通り主将・エース・主軸打者として躍動。2年ぶりの優勝を果たした木更津総合を徹底総括【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs専大松戸【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
木更津総合vs八千代松陰【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第1097回 ストイックな早川をさらに進化させた小宮山監督とプロ入りした先輩のアドバイス 早川隆久(早稲田大)【後編】 【2020年インタビュー】
第1097回 大学でも攻略困難な左腕になるために 早川隆久(早稲田大)が下級生時代の洗礼から得たもの【前編】 【2020年インタビュー】
第962回 東海大相模相手に深めた自信を胸にライバルたちをねじ伏せる! 篠木健太郎(木更津総合)【後編】 【2019年インタビュー】
第953回 18番の重みと責任を一身に背負い、早川隆久(早稲田大)は力と技で優勝に導く 【2019年インタビュー】
篠木 健太郎(木更津総合) 【選手名鑑】
木更津総合 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー