目次

[1]結城海斗が絡んでいた帝京に進むきっかけ
[2]キューバ遠征は自分を大きく成長させてくれた

 今年の帝京は守備の帝京と呼ばれるが、その中で全国クラスの実力を持った野手がいる。それが2年生の小松 涼馬だ。172センチ72キロという体格ながら、ミートと長打を兼ね備えた打撃と、抜群の身体能力を生かした二塁守備は大きなセールスポイントとなっている。

 大阪・富田林シニアから入学し、1年夏からレギュラー入り。昨冬には1年生ながら東京代表に選ばれ、キューバ野球を経験した小松は2年春、3番セカンドとしてベスト8入りに貢献した。前田監督からも「プロ入りした先輩内野手と比べても、身体能力、勝負強さは遜色ない」と評価が高い。そんな小松の歩んできた野球人生に迫った。

結城海斗が絡んでいた帝京に進むきっかけ


 小松が野球に関わり始めたのは3歳から。本格的に野球を始めたのは幼稚園年長からと、幼少の時からボールに触れてきた。大伴(おおとも)フレンズでは部員が少ないということもあり、投手、捕手を兼任していた。そして富田林シニアでは2年生の時に全国大会を経験。大阪出身の小松がなぜ東京の名門・帝京に進むことになったのか。

 そのきっかけは高校に進まず、マイナーリーグで奮闘する速球派右腕・結城海斗(河南リトルシニア-ロイヤルズ)の存在だ。小松は結城と小学校の時から仲が良く、中学3年生のとき、ストレッチをメインとした野球教室に一緒に参加していた。多くの高校関係者が結城に注目する中、目をかけたのが帝京だったのだ。
 「もちろん帝京の方も結城を見るつもりだったんですけど、僕に声をかけてくれたんです」

 帝京は甲子園に出ていて強豪のイメージがあり、憧れがあった。高校では大阪の学校には進学せず、他府県でプレーすることを決めていた小松は帝京進学を決断する。入学当時、先輩たちの体つきに圧倒され、体の小さい自分を見て不安に思った小松だが、1年春からベンチ入りを果たすなど首脳陣の期待は高かった。前田監督は「やはり身体能力が高いですから。とにかく最初から欠点の無い子でしたので使いやすかったですね」と起用の理由について語る。



春季東京都大会で本塁打を放つ小松涼馬(帝京)

 一時期、怪我でBチームに回っていたが、再びAチームに回ることができたのはBチームの試合で4打数4安打、さらに盗塁を決める活躍を見せ、それが前田監督に評価されてのものだった。その後も懸命にアピールを続け、1年生でレギュラーを獲得する。小松は先輩たちの思いも忘れずに大会に臨んだ。
 「先輩たちが二年半苦しい思いをしてきたのに、いきなり入ってきた一年生にセカンドを任せることになった。たぶん先輩たちも悔しいだろうと思うんですが、『頑張ってくれ」と声をかけてくださったので、セカンドは自分しかいないと思って頑張りました」

 小松は夏の大会にレギュラーとして出場し、準々決勝の東亜学園戦で4打数4安打の活躍を見せるなど、4強入りに貢献。初めての夏は誰もが緊張するもの。しかし小松は独特の雰囲気を楽しんでいた。
 「緊張したのですが、試合を積み重ねていくごとに緊張が無くなってきて、楽しさの方に変わっていって。甲子園に行きたかったです」

 新チームでは主力選手としての活躍が期待された秋だったが、怪我もあり、1回戦はスタンドで応援。2回戦の創価戦から復帰したが、出場2試合で9打数2安打と持ち味を発揮できなかった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。