第956回 「野球を愛する純粋な高校生」目指すは見るものをワクワクさせる野球選手 山田紘太郎(西尾東)【後編】2019年05月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【山田紘太郎(西尾東)のギャラリーもチェック!】

 前編では山田 紘太郎西尾東)投手が悔しい思いを経験した、秋季大会の裏側を語ってもらった。後編では愛知県選抜チームに投手として選出された時の様子と自分の将来像を伺った。

 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】

選抜チームで学んだ事を活かし西尾東の歴史を塗り替えたい!



山田紘太郎(西尾東)

 3位決定戦を落としたその後、愛知県選抜チームに投手として選出されて、東邦石川 昂弥君ら強豪私学の選手たちと過ごしたことで得られたものも大きかった。

 「話してみたら、とても気さくで普通の高校生でした」と感じていた一方で、きちんと学ぶべきところは学び取ってきている。

 「技術的なことでチームに伝えられることは少ないかもしれませんが、雰囲気作りなど学んだことを少しでも伝えていきたいと思い、練習の中でも率先して声を出していくことを意識して練習に取り組んでいる」と、明らかに意識は変わってきたと言う。

 技術的には、春へ向けてはコントロールの精度を増すために細かいフォームの修正や固定に取り組んできた。投球術としては、ストレートの切れに磨きをかけていくとともに、得意のスライダーだけではなく、カーブとチェンジアップを自分の球としてマスターとていくことが夏までの課題としている。

 そもそも、西尾東を進路として選択したのは、中学時代に教育実習で西尾東のOBがやってきて、その人に勧められたのがきっかけだった。また、中学3年の時に西尾東が夏の大会ベスト4に進出したということも大きな魅力になっていた。

 「自分たちの代で、西尾東の歴史を新たに塗り替えたい」そんな気持ちも強く持っている。

 

 また、将来に向けては、こんな思いも語ってくれた。「野球を始めたときから、プロ野球選手というのは目指し続けてきました。ただ、今のままでは、まだまだだと思うので、大学へ進んで、もっと成長して夢を叶えたい。目標としては、地元(愛知県三河地区)の出身でもあり千賀 滉大投手(蒲郡→ソフトバンク)です。そして、大谷 翔平選手の様に、見る者をワクワクさせるような選手になれればいいです」

 野球を愛する純粋な高校生。輝く瞳で、今の思い、将来への夢を語ってくれた。まるで、好天が続いたこのGWの朝の空のように爽やかだった。

文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

山田紘太郎(西尾東)
山田紘太郎(やまだ こうたろう)
  • 西尾東
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
【関連記事】
第235回 高校生ナンバーワンスラッガー・石川を筆頭に今年の内野手は粒揃い!【厳選15内野手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1040回 プロで活躍する歴代のU-18代表の4番打者に続くスラッガーへ 石川昂弥(東邦)【後編】 【2019年インタビュー】
第1039回 自分たちの野球ができなかった最後の夏 石川昂弥(東邦)【前編】 【2019年インタビュー】
第229回 佐々木朗希はプロでどこまで通用するのか、大谷と徹底比較!【ドラフト特集コラム】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第227回 「地元の仲間と甲子園に行きたい」から始まった大船渡・佐々木朗希の3年間【ドラフト特集コラム】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第1049回 ここまで4試合で6安打5打点 石川昂弥の好調を生んだ夏の「長い準備」 【2019年インタビュー】
第1044回 練習では目立たない実戦型アベレージヒッター・熊田任洋(東邦)は打つための準備をしている 【2019年インタビュー】
第1032回 戸田懐生(東海大菅生ー徳島インディゴソックス)甲子園での成長 【2019年インタビュー】
石川 昂弥(東邦) 【選手名鑑】
大谷 翔平(花巻東) 【選手名鑑】
千賀 滉大(蒲郡) 【選手名鑑】
山田 紘太郎(西尾東) 【選手名鑑】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
西尾東 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー