第950回 エースとしての自覚や責任を感じた、関東一・土屋大和がコントロールとキレで勝負するわけ2019年04月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

チームの勝利に貢献するのがエース



土屋 大和(関東一)

 東東京の名門・関東一の今大会のエースナンバーを背負った土屋 大和。土屋は中学時代、江戸川区にある軟式野球の名門・上一色中の軟式野球部で中学3年生の時に全国準優勝。チームメイトには専大松戸のエース・横山 陸人がおり、奥川 恭伸山瀬 慎之助バッテリーがいたかほく市立宇ノ気中とも対戦を経験している。

 軟式から名門のエースナンバーを背負った土屋は春季東京都大会をベスト4で終えたが、「エースとしてチームの勝利にこだわることを学べた大会でした。」と語る。

 それを象徴するシーンが6回、東海大菅生の途中出場・渡邉 喜龍にホームランを打たれた場面だ。
 「3ボールから1ストライク取れましたが、そのあと自分の中でムキになり、自分の感情を優先してボールを投げてしまいました。チームの事を考えるのであれば、四球を出してでもコントロール勝負でいけばよかった。」

 エースとしての仕事が出来なかったことを悔やむ土屋。その一方で大会を通じてエースとしての自覚や責任感を持てた点に関しては収穫だったと冷静に振り返った。

 冒頭でもふれたように土屋は中学時代は軟式野球をやっており、高校から硬式に変わった。ボールの違いに戸惑う選手もいる中、土屋は違和感なく硬式球にアジャストしたそうだ。

 ただ、関東一に入ってある男の存在が土屋に大きく影響を及ぼした。それが同じチームの谷 幸之助である。

 「硬式を元々やっていた谷はボールが速かったので、球速の部分では勝てないと感じました。なので、自分はコントロールとボールのキレを持ち味にして勝負しようと思いました。」

 谷には球速があるからこそ自分の持ち味が生きている。谷がいなければ今の自分はいないとまで土屋は断言しており、よきライバル関係というのがうかがえる。

 持ち味を磨くために土屋は走り込みなどの下半身強化をして、コントロールとキレを磨いてきた。だが本人の中で1番大事にしているのは意識だった。

 「走り込みはもちろんですが、ブルペンや練習試合。またキャッチボールから一球を大事に構えたところに投げる。あとは私生活でごみを拾うなどして、普段から1つに集中してもいろんなことに気が付くことが大事だと思います。」

 話を聞いていると、非常に落ち着いた雰囲気で淡々と質問に答える。冷静かつクレバーで高い意識を持った選手、という印象を感じさせる土屋。

 夏に向けて、「これからは1日1日、1つのプレーがが夏に大きく関わることは分かっているので、自分たちにはまだまだ力がない分、1日1日を大事に緊張感を持ってやりたいです。」とコメントした。

 昨秋は背番号10をつけていた土屋にとって、今大会は来たる夏に向けて大きな経験となったに違いない。この経験をどう活かすのか。土屋の夏のピッチングに注目だ。

文=編集部

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

今宮 悠斗(大分工)
土屋 大和(つちや・やまと)
  • 関東一
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投げ右打ち
  • 身長:173センチ 体重:65キロ
【関連記事】
関東一vs淑徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第52回 関東一伝統の「1番センター」を受け継ぐ大久保翔太。大ファインプレーは師匠の教えがあった【101回大会特集】
履正社vs関東一【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs高岡商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
関東一vs熊本工【第101回全国高等学校野球選手権大会】
関東一vs日本文理【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第842回 キューバ遠征で自分を変えたい! 東東京屈指の速球派右腕・谷 幸之助(関東一) 【2018年インタビュー】
第723回 斎藤 未来也(関東一)力強さとスピードを兼ね備えた理想のトップバッターを目指して 【2018年インタビュー】
第720回 石橋康太(関東一)「甲子園とプロ入りを見据えて。世代屈指の捕手が始めた意識改革」 【2018年インタビュー】
第674回 試行錯誤を続ける大型捕手・石橋康太(関東一) 我慢の時を経て大爆発を 【2018年インタビュー】
第582回 石橋康太(関東一)「世代を代表する強肩強打の捕手へ まずは足元を大事に」 【2017年インタビュー】
土屋 大和(関東一) 【選手名鑑】
関東一 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー