第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】2019年02月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]エース番号を背に茨城大会を戦い、課題を見つける
[2] 納得の投球に向けて、ウエイトでレベルアップ!!

納得の投球に向けて、ウエイトでレベルアップ!!



中山航(藤代)

 また、実はこの試合は「菊地監督から試合前のミーティングで『霞ヶ浦戦はキャッチャーの藤井(皓大)と二人にサインを任せる』と言われていました」とのことで、「ベンチを経由しない分、いつも以上にテンポ良く投げることができました」と振り返る。

 一方、バッテリーを組んだ女房役の藤井は「リードをする時はピッチャーの調子が良いボールを一番に考えて組み立てているのですが、霞ヶ浦戦では中山のストレートで押していきたいという気持ちが伝わってきていましたし、自分も同じようにストレートが良いと感じていました」と話しており、まさに以心伝心だったようだ。

 ただ、「秋季大会で良いピッチングができたのは霞ヶ浦戦だけ。あとは納得できない投球ばかりで不甲斐なかった」と中山投手。準決勝の石岡一戦は先発するもKO。関東大会春日部共栄(埼玉)戦は二番手で登板し3回1/3を投げて2失点と今一つの内容で「実力の半分も出すことができなかった」と悔いを残す結果となった。

 そこで、このオフシーズンはさらなるレベルアップを目指してウエイトトレーニングに取り組んでいる。昨年の12月までは150kgのバーベルを担ぎながらスクワットをして下半身を。1月からはアームカールや懸垂などで上半身を中心に鍛えている。

 そして、2月からは投球練習を始めており「変化球のスライダーとカーブの出来にムラがあるので握り方をいろいろと試していきたい」と課題を挙げた。

 さらに「フォームをしっかりと固めて、春には100%の力を出せるように準備したい。そして、昨夏の茨城大会で敗れた時、先輩たちから『思い』を託されたので、昨秋のリベンジをして甲子園の夢を実現したいです」と抱負を語った中山投手。

 藤代としては14年夏以来となる甲子園出場を狙う。

文=大平 明

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中山航
中山航(なかやま・わたる)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:172センチ67キロ
  • タイプ:右投右打
  • 藤代
【関連記事】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第225回 横浜期待の星・松本隆之介 順調な歩みを見せる大型左腕のストロングポイントは?【ドラフト特集コラム】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
中山 航(藤代) 【選手名鑑】
春日部共栄 【高校別データ】
霞ヶ浦 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
藤代 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
横浜緑園・横浜明朋 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー