第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】2019年01月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]主将に就任し秋季大会ではベスト8に大きく貢献
[2]冬場の課題は守備面、目標は甲斐拓也選手

 1年時から攻守の要となる4番・キャッチャーのポジションを任されている岩倉(東京)の荻野 魁也選手(2年)。昨秋には新チーム結成と共に主将も務めることとなり、東京大会ではチームのベスト8進出に貢献した。そんな中心選手として活躍している荻野選手に、これまでの成長の軌跡を伺ってきた。後編では、主将に就任した新チーム発足当初のエピソードや、この冬の課題について迫っていく。

【前編】経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る

主将に就任し秋季大会ではベスト8に大きく貢献



バットを構える荻野魁也(岩倉)

 新チームでは主将を任されることになった。

 「1年の時から公式戦を経験させてもらっているので、『少しでもチームに貢献したい』と思って自分から立候補しました。キャプテンをやるのは初めての経験ですし、自分が指示を出さないとチーム全体が動いていかないのでたいへんだなと感じることもありますが、一つひとつの行動がゆるくなると練習に悪影響が出るので、一日のスケジュールを頭に入れながら、できるだけ早く次の行動へ移れるように意識しています。
 それから、常に気を張って、周りを見て、気付いたことがあれば話をするようにしていますが、正直なところ、あまり言葉でいろいろと言えるタイプではないので、チームメートから一目置かれるような高いレベルのプレーを見せて引っ張っていきたいです」

 そして、チームをまとめるうえで大切にしているのが元気だ。
 「豊田(浩之)監督からは『どんな時も明るくやれ』と言われているので、返事ひとつをとっても元気よくするようにしています。まだまだなところもありますし、ちょっと波があるチームなんですが、声を出すことで自分たちから良い雰囲気を作って練習できるようにしていきたいです」

 こうして迎えた昨秋の東京大会では投手陣の頑張りもあって、久々にベスト8まで勝ち上がった。その好投を引き出すキーマンとなったのが、キャッチャーを務める荻野選手だ。

 「リードについては、1年生の頃から豊田監督に『初球の入り方が悪い』とずっと指導されていて、本当に『頭を使っていかなければいけないんだな』と痛感させられました。
 でも、昨秋は上手くリードできた手応えがありましたし、課題だったストップもできて、自分としては良かったと思います」と話す。豊田監督も「ピッチャーに対する気配りができていたし、試合の流れを感じながら状況判断ができるようになった」と合格点を与えるなど成長した姿を見せている。

 ただ、唯一、心残りになっているのが、敗れてしまった準々決勝の東海大菅生戦。「同点の8回に決勝点を奪われたのですが、あの場面は無理をせずに次の打者へ回しても良かった。それなのに勝負しようとしてボールが少し甘く入ってしまったので、自分にはまだ足りていないところがあるのだと思わされました」

【次のページ】 冬場の課題は守備面、目標は甲斐拓也選手

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

荻野魁也
荻野 魁也
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投右打
  • 町田シニア-岩倉
【関連記事】
第1257回 ロマンしかない190センチの大型左腕・羽田慎之介(八王子)。才能を伸ばした指導方針 【2020年インタビュー】
第1017回 関東一、帝京、早稲田実は激戦必至のブロックに!秋季東京都大会の見所を徹底展望!【大会展望・総括コラム】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第130回 ラストチャンスにかけた最終打席は申告敬遠。東海大菅生の4番・杉崎成はスラッガーとしての大成はこれから【高校野球コラム】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
第1141回 木製バットで本塁打連発!高校通算48本塁打のスラッガー・杉崎成(東海大菅生)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
荻野 魁也(岩倉) 【選手名鑑】
岩倉 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー