目次

[1]壁を打ち破ったのは監督から渡された資料
[2]大谷、根尾の系譜を受け継ぐことが出来るか


 2018年8月に行われた第46回日本リトルシニア日本選手権大会。準優勝に輝いた山口東リトルシニアで、大きな存在感を放った長距離砲が前田 健伸選手だ。174センチ、96キロという恵まれた体格から長打を量産し、リトルシニア日本選手権大会ではベストナインも獲得した。
 今回は、そんな前田選手に独占インタビューを行い、2年5カ月の中学野球で歩んできた道のりや、今春からスタートする高校野球生活について語っていただいた。

壁を打ち破ったのは監督から渡された資料


 「前田健伸」という名前を聞いて、ピンときた方もいるのではないだろうか。そう、テレビ朝日「ビートたけしのスポーツ大将」に出演し、中学生最強スラッガーとして桑田真澄さんや谷繁元信さんと対戦した、あの前田健伸選手である。

 「バスの中ではすごく緊張しました。グランドに入ると、試合通りにプレーできましたが、会場の大和スタジアムは、スタジアムなのに人工芝で驚きました。スタジアムの人口芝は初めてだったので」

 「中学生最強スラッガー」という冠がついても、やはりそこは中学生である。実際、前田選手と話をすると、愛嬌がありマイペースな性格が感じられ、「最強」から連想される剛毅で血気盛んなスラッガーとはかけ離れた人柄のように感じる。

 とは言え、当然ながら努力なしに今の打撃を手に入れた訳ではない。山口リトルシニアに入団した当初は、なかなか結果が出ずに悩んだと前田選手は話す。

 「小学校と比べて練習の内容も高い物を求められて、最初はやっぱり不安でした。また、小学校ではソフトボールをやっていたので、マウンドからの距離も違いあんまり結果が残せなかったですね」

 そんな中、飛躍のきっかけになったのは、長峰次夫監督から渡される資料だった。山口東リトルシニアでは、長嶺監督が野球の知識やトレーニング方法に関する、様々な資料を定期的に選手に配っている。前田選手はその資料を読み込むことで、打撃技術を向上させることに成功し、中学野球で30本以上の本塁打を放つに至ったのだ。

 「特に勉強になったのが、雑誌に載ってるプロ野球選手のフォームの写真をコピーしたものですね。色々と参考になりました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。