目次

[1]3年生が引退してから変わった「取り組む姿勢」
[2]甲子園の経験こそ力になる

 中学時代から、U-15日本代表メンバーとして日の丸を背負い活躍していた宮城 大弥(みやぎ ひろや)。名門・興南に入学すると、1年生春からベンチ入りを果たし、夏の大会では甲子園のマウンドに上っている。まさに同世代を引っ張っていく選手の1人である。そんな宮城が今さらなる飛躍を遂げようとしている。宮城の心の変化と成長の過程に迫る。

3年生が引退してから変わった「取り組む姿勢」



宮城 大弥投手

 「自分がいなくても先輩がいると考えたり、自分がエースでないと考えた時もありました。自分の代になってから、考え方の変化が出るようになりました」

 と宮城が話してくれた。では、どんな考え方に変わったのだろうか?

 「試合に負けて悔しいからやるんじゃなくて、勝つためにしっかりとやるべきことをやれば勝てると思うので、それを少しづつ自分の代になって考え始めました」

 宮城は、“日々の取り組む姿勢” が変わったのである。そんな、宮城の変化を我喜屋優(がきや・まさる)監督も感じ取っている。

 「1年までは、ちょっと『先輩がいるから』みたいなね。だけど『前を向いても後ろを向いても、頼りになるのは俺しかいない』という自覚は出てきていると思う。取り組む姿勢、真摯に取り組んでいる姿があるし、またチームを俺が引っ張っていくんだという自覚がある」

 宮城は今、自分で考え出している。自覚ができ「取り組む姿勢」が変われば、見える世界も変わってくる。宮城が言う「勝つためにやるべきこと」を自分で考えられ、気付けるようになると、洞察力もついてくる。

 その洞察力は、練習だけでなく試合での宮城の大きな武器になるに違いない。

 さて、宮城の現在地に戻ろう。「取り組む姿勢」の変化でどのような違いが出てきているのだろうか?宮城は言う。

 「結構、自信も着くようになって、プレーものびのび出来るようになりました。」

 我喜屋監督も、「それ(取り組む姿勢の変化)にともなって、球のキレとかも良くなってきている」と話してくれた。取り組む姿勢の変化は、着実に宮城の成長スピードを加速させている。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。