目次

[1]対応力は打撃練習で 振る力は素振りで
[2]一打席にかける高校野球のスタイルは野球選手として真の姿
[3]自分にあった打撃理論を見つけ、振る力を身につけよう

 プロ野球界きっての打撃コーチとして評判の東京ヤクルトスワローズ・石井琢朗コーチ。現役時代は通算2432安打を放つなど、アベレージヒッターとして活躍。2012年に現役引退後は広島東洋カープの内野守備・走塁コーチに就任し、2016年から広島の一軍打撃コーチを務めた石井氏は2年連続の優勝に貢献。そして今年から東京ヤクルトスワローズの一軍打撃コーチに就任し、2位に進出するまでにチームを成長させた。

 石井コーチが打撃コーチに就任した3年間は、いずれも強打のチームを育て上げている。

2016年 打率.272 153本塁打 684得点 すべて1位
2017年 打率.273 152本塁打 736得点 すべて1位
2018年 打率.266 135本塁打 658得点 打率はリーグ1位、得点はリーグ2位

 前編では選手への指導法を伺ったが、後編の今回は振る力の大事さや高校球児に向けてのメッセージを頂いた。

3年連続チーム打率1位!名打撃コーチ・石井琢朗が語る「振る力の重要性」【前編】

対応力は打撃練習で 振る力は素振りで


ーー 試合となると、いろんな対応力をつけたいとか、対応力を広くしたいという選手もいると思いますが、そういう選手に対してはどういうアドバイスをしているのでしょうか?タイミングを取ることというのは大事だと思うのですが。

石井琢朗打撃コーチ(以下、石井) もちろん、『自分のタイミングをしっかり確立している』ということが第一条件だと僕は思います。フォームより。もちろんフォームというのは大事なんですけれども、フォームを意識するだけでは、ボールは打てないと思うので。

ーー タイミングの取り方はもう、自分なりに掴んでいくという感じですか?

石井 僕はもう人それぞれだと思います、タイミングの取り方というのは。こうしなさい、というのは無いので。自分とタイプが合えばその指導で合うかもしれないですけど、僕は指導の仕方というのは個々違うと思っているので、それはもう自分で確立していかないと。

 結局、野球というのは『間』のスポーツなので、相撲の間合いじゃないですけれども、ピッチャーが投球動作に入って、自分が打つまでの『間』というかその空間を・・・空間のスポーツなので、その中で自分の間合いというか、タイミングをいかに取れるかということですよね。

ーー 今年からヤクルトの打撃コーチになって、取り組み方というのは広島とあまり変わらないのでしょうか?

石井 変わらないですね、基本的な部分は。ただやはり、個々のポテンシャルだったりとかいうのは全然違いますけど、ベースとなる部分は一緒です。

 あとは個人で、気づいたところと、それプラスアルファでの指導だったりというのはありますけど、振らせるということに関しては何の変わりもないです。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。