目次

[1]三者三振で幕を開けた野﨑の高校野球
[2]練習試合で積み重ねてきた経験値

 名門・日大鶴ヶ丘が都立の学校に敗れた。しかもブロック予選の初戦敗退ということで話題になった。その都立の学校は日大鶴ヶ丘を倒した勢いそのままに都大会に出場。シード権獲得まであと一歩のところまで迫った。
 そのチームとは都立小平西である。そして、日大鶴ヶ丘撃破をはじめとする秋の原動力として活躍したのが都立小平西のキーマンでエース・野﨑師である。

 松井 裕樹とお手本として、真っ向から振り下ろすフォームから130キロ前半のストレート、自慢の縦のスライダーを武器にする本格派左腕である。来年、激戦区・西東京で勝利を目指す野﨑に、日大鶴ヶ丘戦のことや現在に至るまでの道のりを伺った。

三者三振で幕を開けた野﨑の高校野球


 「緊張しているからこそ、力まずに打たせて取ろうと頑張りました。」
 日大鶴ヶ丘戦を振り返った時、野﨑が語った試合中の意識である。どうしてここまで地に足を付けて投げ切ることができたのか。それは都立小平西で積み重ねてきた経験があるからだった。

 野﨑は小学2年生の時、2つ上の兄の影響で地元の少年野球チームで野球を始めた。当時から投手をやっていた野﨑は、その後は中学の部活動で野球を続けていくつもりだった。だが、「監督からの誘いがあってやる気が出てきました」と、中学の部活動から軟式野球の立川ベースボールクラブに方向転換。

 3期生として入団して、投手兼野手として3年間を過ごす。チームメイトには同じ西東京の八王子の大平真也をはじめとする仲間たちと切磋琢磨してきた。そんな野﨑は都立を中心に進学先を探し、都立小平西への進学を決める。

 立川ベースボールクラブの監督からは当時、私立の学校を勧められていたが、「私立だと、シニアやボーイズ出身の選手が多くいる。その中でやっていけるか不安があったので、地元に近いこともあって選びました」と野﨑は語る。

 中学最後の公式戦が終わってから入学するまでの数か月間、野﨑は硬式ボールを使って練習することで高校野球への準備を進めた。

 都立小平西に進学してからは投手に専念。エースナンバーの座をかけて先輩、そして同級生たちとのしのぎを削る日々が始まったが、実践デビューは早かった。

 4月ごろに行われた練習試合で1イニングだけの登板だったが、いきなり三者三振。「楽しかったですし、正直自信になりました」と、初めての試合のことを笑顔で振り返ってくれた。