目次

[1]中学時代は控えも自ら名門校の門を叩く
[2]「心技体」すべてにおいて大きな成長を遂げた大学時代
[3]社会人での飛躍とプロへ意気込み


 10月25日に行われるドラフト会議。ドラフト候補と呼ばれる投手の中で、安定感ではトップクラスに位置している投手といえば東芝の岡野祐一郎投手の名前が挙がるだろう。聖光学院では甲子園には2度出場し、夏の甲子園の後はU-18代表にも選出。青山学院大進学後もエースととして活躍し、東芝でも1年目から主戦としてチームを牽引している。
 今回はそんな岡野投手にお話しを伺い、聖光学院への進学理由や学生野球時代の練習、そしてプロ入りに向けての意気込みを伺った。

中学時代は控えも自ら名門校の門を叩く


岡野祐一郎(東芝)

 岡野投手のキャリアは一見、順風満帆に見える。聖光学院、青山学院大、東芝とアマチュア球界の名門を渡り歩き、各ステージで実績もしっかりと残してきた。「エリート」のイメージが先行する岡野投手であるが、意外にも中学時代は控え投手だったと明かす。

 「中学生の時は試合に出てなくて補欠でした。初めは地元の宮城県の高校にいこうと思ったんですけど、親戚から聖光学院のオープンスクールがあるから、一緒に野球部も見に行かないかと誘われました。
 実際に練習を見にいった時に、ここで野球をやりたいと強く思って進路を変えて聖光学院にしました」

 控えから名門への挑戦。言うは易しだが、その決断には大きな勇気が必要であったことは想像に難しくない。そこに不安は無かったのか、岡野投手へ疑問をぶつけてみた。

 「だいぶ不安はあったんですけど、入ったらスタートラインは一緒だと思い、入る前から練習はしっかりやっていました。実家からも出ていて、親に不自由なく送り出してもらえたので、期待に応えようとガムシャラにやっていたと思います」

 こうして親元を離れて、大きな決意を持って聖光学院へ入学した岡野投手。だが、「田舎からでてきて野球も全然教わってなかった」ということもあり、初めは斎藤監督から技術指導を受けることも多かったという。

 「斎藤監督からは、最初の段階から体重移動のことをよく言われました。立った状態から左足でちゃんと受け止める、そういった基本的な体重移動を繰り返し教えてもらいました」

 こうした斎藤監督の指導もあり、入学当初は128キロほどだった球速は、高校3年時には140キロに到達。岡野投手は聖光学院のエースへと成長し、春夏連続甲子園出場の立役者となったのだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。