第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.32018年11月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]1日練習2時間 毎日ステーキ、トンカツ、すき焼きと肉まみれの宿舎生活
[2]最上級生になった翌年は甲子園に出場できず それでもすべてが思い出
[3]ミズノ入社のきっかけ。そして高校球児へメッセージ

 PL学園を破った春日丘の当時のメンバーで、現在はミズノ株式会社のダイヤモンドスポーツ事業部の斎藤真一さんにインタビュー!最終回は甲子園の思い出やミズノ入社のきっかけ。そして高校球児へメッセージをいただきました。

1日練習2時間 毎日ステーキ、トンカツ、すき焼きと肉まみれの宿舎生活


ミズノ株式会社 ダイヤモンドスポーツ事業部 斎藤真一部長

 ―― 甲子園の思い出を教えてください。

斎藤真一(以下:斎藤): 甲子園の時にすごい覚えてるのが、野球もそうなんですけど、高槻の方の宿舎に泊まってたんですけど、歴史の古い学校やったんで、寄付金も凄いし、差し入れも凄いんですよ。
 それで当時厨房に行くと、肉の塊とかがすごい置いてあるんです。だから毎日、すき焼きをしながら、トンカツを食べて、ステーキを食べるという。毎日そんな感じでした。でも、三日で食われへんようになりました。三日間ぐらいみんな喜んで食べてましたけど、四日目からはすき焼きの底の白菜とか麩とか、そんなんばっかり食べてました。あれだけ肉まみれになったのは、この時だけでしたね。楽しかったですけどね、宿舎で泊まって。

 甲子園大会になると、大阪の学校でも、不公平感を無くすために練習場が割り振られるんです。1日2時間しか練習したらあかんのですよ。だから地元の学校であっても、割り当てられるのが2時間の練習だけなので、試合の無い日は『暇』言うたらおかしいんですけど、時間がいくらでもあるんです。
 甲子園行かへんかったら、その間もずーっと練習でしょ。でも甲子園に行くと1日2時間しか練習せんでいいんで、楽だなと思ったのも覚えてます。

 

 負けた法政二高との試合は、僕は途中から代走で出て、守備について、1度だけ打席にはいったんですけど、今一緒に仕事をしてる御園さんという方が東京にいらっしゃるんですけどね、それが法政二高のキャプテンをやられてたんですよ。当時は法政二高のキャプテンということしか思ってなかったんですけど、会社に入ってある時に御園さんと出会うんです。その時はもう感動しましたよね。『御園』って聞いた時に、(えっ?)と。経歴を訊くと法政二高で法政大学なんで、ひょっとしてって訊いたら、試合をやってたと。その人と一緒に仕事をやってるっていうのが、なかなか感動しました。

体温を下げてパフォーマンスアップにオススメの『ベースボールシャツ』は?
ミズノ クールスリーブ
遮熱素材「ソーラーカット」採用のクールスリーブシャツは、涼しく動きやすいぞ!

【次のページ】 最上級生になった翌年は甲子園に出場できず それでもすべてが思い出

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第990回 偉大な先輩たちの背中を追ってきた下級生時代 中野波来(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
第630回 野球は格上に勝てるスポーツ だからこそ組織力と思考力が重要  大産大附【後編】【野球部訪問】
第630回 どんな結果でも日本一を追求しつづける毎日は変わりない 大阪桐蔭【後編】【野球部訪問】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第629回 夏の全国連覇を目指して、大阪桐蔭の現在地【前編】【野球部訪問】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー