第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】2018年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校では投手はおろか野球もやるつもりはなかった
[2]高校で投手の基礎を大きく学ぶ
[3]自分の目標となった櫻井周斗投手

 今年の東西東京大会。特に熾烈な争いが予想されるのが西東京だ。春の都大会ベスト4に入った日大三国士舘早稲田実業創価とすべて西東京。その西東京の強豪校が警戒するのが都立東大和南吉岡 桃汰投手だ。この春、最速140キロのストレートと縦に鋭く落ちるスライダーを武器に、34.2回を投げて63奪三振と驚異的な奪三振ペースで、「ドクターK」を襲名した。では吉岡の成長の歩みや要因を前編・後編に分けて紹介。
 前編は中学時代の話や三振奪取をもたらした縦スライダー習得のきっかけを話してくれました。

高校では投手はおろか野球もやるつもりはなかった


東京屈指の左腕に成長した吉岡桃汰(都立東大和)

 ―― 武蔵野ライオンズに入部し野球を始めた吉岡投手。投手を始めたのは意外にも遅く、羽村第三中の3年生からだと聞きました。

吉岡桃汰(以下、吉岡): そうですね。3年生になる前の3月の春に、監督からちょっと練習してみるかと言われたのはじまりです。それまでは外野手や一塁手をやっていました。

 ―― 話を聞くと、中学時代は部員数がぎりぎりだったそうですね。

吉岡: 自分たちの学年は3人だけで、自分たち2年生と1年生であわせて6人でした。だから秋は出られなかったんです。冬を越して、春は小学校から上がってきた子たちを3人引っ張ってきて、なんとか9人で出場しました。最後は4番ピッチャーで試合に出場しました。大会は予選でもすぐに敗れていて大したことはなかったです。

 ―― 投手をするということは、元々肩は強かったのですか?

吉岡: それもそうですし、中学校の頃から人より大きかったので、その身体の大きさもあって、投手に選ばれたと思います。

 ―― 高校では野球をやるつもりではなかった聞きましたが

吉岡: 僕の中学時代は、人数が少ない野球部でしたので、部員も多くなる高校野球でやっていける自信がなかったんです。
 実際に都立東大和南に入学して、本当はやるつもりがなかったんですけど、入学してみると、野球部以外でやってみたい部活がないんです。高校に入学してからもまだ悩んでいて野球部の練習を見てやっぱりいいなと思い入部しました。

【次のページ】  高校で投手の基礎を大きく学ぶ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉岡 桃汰
吉岡 桃汰(よしおか・とうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ73キロ
  • タイプ:左投左打
  • 都立東大和
【関連記事】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集】
第827回 東京代表の軌跡!キューバ遠征を人生のプラスに!【大会展望・総括コラム】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第74回 斎藤佑樹が歩んだ早実の3年間 「自ら考え、実践する野球が最後に結実!」【後編】【高校野球コラム】
第16回 「勝利」と「育成」の両立を続けるリトルシニアの名門!世田谷西リトルシニアに迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第831回 試合を作り、決められる最高の1番打者へ 黒川 麟太朗(国士舘) 【2018年インタビュー】
第814回 都大会優勝・国士舘の1年生4番!黒澤孟朗が考える選抜に向けての課題とは? 【2018年インタビュー】
第809回 真っすぐで押し切れる強さを!さらなる飛躍を誓う伊藤大征(早稲田実)! 【2018年インタビュー】
第808回 主将は背中で示す!行動でチームを引っ張る、生沼弥真人(早稲田実業)の主将像 【2018年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
吉岡 桃汰(都立東大和南) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立東大和南 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー