第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】2018年06月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]高校では投手はおろか野球もやるつもりはなかった
[2]高校で投手の基礎を大きく学ぶ
[3]自分の目標となった櫻井周斗投手

 今年の東西東京大会。特に熾烈な争いが予想されるのが西東京だ。春の都大会ベスト4に入った日大三国士舘早稲田実業創価とすべて西東京。その西東京の強豪校が警戒するのが都立東大和南吉岡 桃汰投手だ。この春、最速140キロのストレートと縦に鋭く落ちるスライダーを武器に、34.2回を投げて63奪三振と驚異的な奪三振ペースで、「ドクターK」を襲名した。では吉岡の成長の歩みや要因を前編・後編に分けて紹介。
 前編は中学時代の話や三振奪取をもたらした縦スライダー習得のきっかけを話してくれました。

高校では投手はおろか野球もやるつもりはなかった


東京屈指の左腕に成長した吉岡桃汰(都立東大和)

 ―― 武蔵野ライオンズに入部し野球を始めた吉岡投手。投手を始めたのは意外にも遅く、羽村第三中の3年生からだと聞きました。

吉岡桃汰(以下、吉岡): そうですね。3年生になる前の3月の春に、監督からちょっと練習してみるかと言われたのはじまりです。それまでは外野手や一塁手をやっていました。

 ―― 話を聞くと、中学時代は部員数がぎりぎりだったそうですね。

吉岡: 自分たちの学年は3人だけで、自分たち2年生と1年生であわせて6人でした。だから秋は出られなかったんです。冬を越して、春は小学校から上がってきた子たちを3人引っ張ってきて、なんとか9人で出場しました。最後は4番ピッチャーで試合に出場しました。大会は予選でもすぐに敗れていて大したことはなかったです。

 ―― 投手をするということは、元々肩は強かったのですか?

吉岡: それもそうですし、中学校の頃から人より大きかったので、その身体の大きさもあって、投手に選ばれたと思います。

 ―― 高校では野球をやるつもりではなかった聞きましたが

吉岡: 僕の中学時代は、人数が少ない野球部でしたので、部員も多くなる高校野球でやっていける自信がなかったんです。
 実際に都立東大和南に入学して、本当はやるつもりがなかったんですけど、入学してみると、野球部以外でやってみたい部活がないんです。高校に入学してからもまだ悩んでいて野球部の練習を見てやっぱりいいなと思い入部しました。

【次のページ】  高校で投手の基礎を大きく学ぶ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉岡 桃汰
吉岡 桃汰(よしおか・とうた)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ73キロ
  • タイプ:左投左打
  • 都立東大和
【関連記事】
第51回 ほぼ外れなし。プロで次々と活躍を見せる歴代のU-18代表の4番打者たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1023回 加藤 雅樹(早稲田実業ー早稲田大)目指すは絶対優勝とプロ入り 【2019年インタビュー】
第966回 【秋季東京都大会一次予選展望】日大豊山と東海大高輪台が初戦で激突!第21ブロックAは激戦区に【大会展望・総括コラム】
第17回 國學院大學久我山高等学校(西東京)【28年ぶり3回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第949回 【西東京大会総括】29歳の青年監督による快挙、そして力を発揮できなかった実力者たち【大会展望・総括コラム】
第948回 【東東京大会総括】役者の揃っていた関東一が3年ぶりの甲子園へ!都立校や好投手の出現も際立った【大会展望・総括コラム】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
清宮 幸太郎(早稲田実業) 【選手名鑑】
櫻井 周斗(日大三) 【選手名鑑】
吉岡 桃汰(都立東大和南) 【選手名鑑】
国士舘 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
創価 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
都立東大和南 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー