第612回 井上広輝(日大三)「1年生ながら145キロ!自慢のシンカーで強力打線をなで斬り」2017年11月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 7年ぶり優勝を果たした日大三。しかし強打の日本航空石川と延長戦に及ぶ試合を見せるも、惜しくもサヨナラ負け。久々の全国1勝とはならなかった。しかしその中で好投を見せたのが井上 広輝だ。兄・井上 大成はU-18代表。兄ゆずりの強肩を誇る逸材で、1年夏からその高い才能を発揮していた。今では最速145キロ。東京都制覇に貢献し、神宮に乗り込んだ。日本航空石川と対戦して、得たものは何だろうか。

U-18代表の兄と甲子園優勝投手の吉永健太朗に憧れて



井上広輝(日大三)

 4回裏まで防戦一方の試合展開。その流れを変えるべくマウンドに登った井上。日本航空石川打線に対し、「みんなパワーがある打者が多かったので、コースに気を付けながら投げた」
「自分の中でも自信にしているのがアウトコースストレート。今日はそのコースがしっかりと投げることができてよかった」
言葉通り、外角ギリギリにコマンドされた140キロのストレートは、井上が登板するまで、9安打を放っていた日本航空石川打線は全く対応ができなかった。さらに井上は変化球もよかった。右打者には横滑りする120キロ台のスライダー、右左問わず120キロ台のチェンジアップ、そして左打者に投げ込む120キロ前後のシンカーだ。このシンカーが独特の曲がりを見せ、空振りが奪える。このシンカーが他の140キロ右腕と一線を画している。スライダー、チェンジアップは中学時代から投げていたものだが、シンカーは誰をモデルにしたのか...。日大三の2011年夏のエース・吉永 健太朗である。
井上は吉永に強い憧れを持っている。「優勝した姿は見ていましたし、吉永さんのピッチングは憧れです」
そして日大三に進んだのは兄・井上 大成の影響が大きい。兄の姿を見て、進んだ井上はこの夏、一緒にベンチ入りし、ともに甲子園を目指して戦った。そして夏が終わっても、兄から「開きが早い」など技術的なアドバイスをもらいながらレベルアップに努めてきた。

 井上の快投にナインも応え、9回表には同点に追いつき、延長戦となった。そして10回裏、無死一、二塁のタイブレーク。捕手は佐藤秀雄に代わっていた。佐藤はブルペンでいつも受けてくれる同級生だ。同級生バッテリーでサヨナラを阻止しようとしたが、3番原田 竜聖に安打を打たれ、無死満塁。ここで打席に立ったのは4番上田 優弥。一発長打もある打者相手。佐藤と選択したのはストレートに強い打者なので、変化球で勝負。しかし4球目。チェンジアップ。これがバッテリーミスとなり、サヨナラに。井上は「あいつ(佐藤)はいつもしっかりと受け取ってくれますし、信頼しています。あまり試合に出場していなかったので、いつもより緊張していたかもしれません」と仲間をかばった。

 だが、6回を投げて8奪三振、被安打5、自責点0と見事なピッチング。このピッチングができたことに井上は「秋の都大会では調子もよくなかったですし、この投球ができたこは自信になります」と手ごたえを感じていた。しかし課題となったのはスタミナ面。「9回、10回は疲れていたと思いますし、スタミナ面が課題になりました。これからはストレートをもっと磨いていきたいですし、最後まで平均球速を維持できるスタミナを身に付けていきたい」と決意を新たにした。

 普段は物静かな青年だが、マウンドに立つと、一変。強気のマウンドさばきが光った。高校1年生だが、潜在能力の高さは本物。今日のピッチングで、吉永 健太朗とだぶらせた日大三ファンも多いかもしれない。もしそんな剛腕へ成長すれば...。日大三は再び全国制覇を狙えるチームとなるかもしれない。

(文・河嶋 宗一

注目記事
第48回明治神宮野球大会 特設サイト

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

井上広輝
井上広輝(いのうえ ひろき)
  • ポジション:投手
  • 身長:180センチ78キロ
  • タイプ:右投げ右打ち
  • ■選手名鑑
    井上 広輝
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
目白研心vs日大三【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
第768回 経験者が残る日大三、二松学舎大附ともに秋は実力校と対戦!都大会出場を巡り各ブロックで好カードが満載!【大会展望・総括コラム】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
金足農vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
龍谷大平安vs日大三【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
木更津総合vs興南【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
第700回 日大三 投打の柱・中村奎太!勝利への執着心をもって夏に臨む! 【2018年インタビュー】
第692回 日大三主将・日置航!7年ぶり全国制覇を目指してチームを引っ張る! 【2018年インタビュー】
井上 広輝(日大三) 【選手名鑑】
日大三 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー