第447回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「自分が持っているパワーを最大限伝えることができるか?」【前編】2016年10月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]体のパワー面で優位に立てた時期は1度もなかった
[2]吉田正尚の「トップ論」
[3]常識を疑った先に見つけたもの

吉田 正尚の「トップ論」

青山学院大時代の吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)

 以前、「フォーム面ではトップを作った際の手の位置を大事にしている」と語っていた青山学院大学時代の吉田選手のインタビュー記事を目にしたことがある。「プロとなった現在もその考えに変化はありませんか?」との問いを投げかけたところ、「トップはバッティングにおいて不可欠な準備段階。変わらず大事にしています」という答えが即座に返ってきた。

「インパクトポイントまでの距離をしっかりとれるよう、後ろの大きい、深いトップを取ることを意識しています。トップからインパクトまでの距離が長い方がバットを加速するための距離を確保できるため、強いインパクトにつなげることができる。ためを作って手を後方に残せる分、キャッチャー寄りのポイントで打つことも可能になりますし、ボールの見極めもよくなります」

 打撃における理想のトップの位置は、「投球動作の際のトップの位置をイメージすると手に入りやすい」と吉田選手は続けた。
「自分は左打ちなので、左投げの選手がボールを投げる際のトップの形がバッティングにおける理想のトップの位置だと思っています」

 気を付けているのは「トップの際に手が背中側に入らないようにすること」だ。
「手が背中側に入ると、背番号が投手に見えるくらいに過度に体をねじってしまうことにもつながりますし、顔の向きもずれてしまう。バットもスムーズに出なくなってしまいます。トップを作る動作は弓矢をひく動作によく例えられますが、弓矢は背中側ではなく、キャッチャー方向に引くことが大事。そうすることでいいバッターが共通して備えている、広い懐も手に入れることができると考えています」

【次のページ】 常識を疑った先に見つけたもの

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

吉田 正尚
吉田 正尚(よしだ・まさたか)
  • オリックス・バファローズ
  • 経歴:敦賀気比-青山学院大-オリックス・バファローズ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投げ左打ち
  • 身長体重:173センチ80キロ
  • 生年月日:1993年7月15日
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第1100回 一流スラッガーへの道 オリックス・吉田正尚(敦賀気比出身)の打撃調整法 【2020年インタビュー】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第645回 脱玉村と部員確保 夏準優勝・丹生(福井)におかれた課題 【後編】【野球部訪問】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第645回 強豪校をはねのけ創部初の準優勝・丹生(福井) 快進撃の種火【前編】【野球部訪問】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第632回 福井県勢初の夏の甲子園優勝へ、技術と気持ちの強化を図る敦賀気比【後編】【野球部訪問】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1054回 無名の高校だからこそじっくり成長できた 玉村昇悟(丹生)【前編】 【2019年インタビュー】
吉田 正尚(敦賀気比) 【選手名鑑】
敦賀気比 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー