第440回 履正社高等学校  福田観大選手 「国体で打率.643!抜群のバットコントロールを生み出している理由」2016年10月06日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

福田観大選手
 

  初優勝を収めた履正社。二けた得点が2試合、コールド勝ち1試合と圧巻の打撃力を見せた大会であった。今回はその火付け役となった福田 観大選手に迫る。4試合で14打数9安打、打率.643の好成績を残した福田が語る打撃論とは。

木製バットで芯で捉える練習を積み重ねている

 履正社はエース・寺島 成輝、野手では2年生スラッガー・安田 尚憲が注目されるが、甲子園ではこの男の打撃が注目された。その名は福田 観大。夏の甲子園の高川学園戦の第1打席、ボールになるようなスライダーを合わせて左前安打にしたのが福田の打撃スタイルを象徴させる打席だった。甲子園で計3試合で11打数6安打を記録したアベレージヒッターは、国体でも調子を維持してきた。とにかくどのコースへもバットが出る。外角、内角。そして右投手、左投手問わずに打撃ができるところに凄さを感じる。

 福田の打撃を見ると、ヘッドが遠回りすることなく、無駄のないスイング軌道でボールを叩くことができているが、履正社は普段から木製バットを使うことが多いチームだが、芯で捉える意識で練習に取り組んでいる。特に夏が終わってからは上を見据えて木製バットでほとんど練習をしている。

 しっかりと芯でコンタクトする。しかし木製バットはスウィートスポットが狭く、芯で捉えるのは難しく、ただ当てるだけでは飛ばない。振り切る意識と振り切れるだけの身体の使い方も大事になる。その積み重ねが今のバットコントロールを生み出しているのかもしれない。
 またタイミングを取るときで気を付けていることは、「タイミングを取る段階で、止まらないことですね。動作の途中で止まってしまうと、自分の打撃が崩れてしまうような感じがしてしまうので、意識的に動くことを大事にしています」

独自の感覚を持った選手であり、タイミングの取り方でも、一瞬、前に出る感覚から後ろに戻るなど、自分なりの感覚を大事にしている選手のように感じた。右投手、左投手によってどのコースに合わせるのか、どの球種に合わせるのかも細かく意識して打席に入っているのが分かる。

夏が終わってから、調子を上げてきているようで、今回の大会に臨むことができた。福田はアベレージヒッターのように見えてしっかりと振り切ったスイングができる選手で、近畿大会決勝でも本塁打を放つなど、長打力ももちろんある。

 誰の打撃を参考にしているのかというと、同校の先輩であるT-岡田選手だ。「T-岡田さんの打撃は参考にしていて、ああいうスイングができればと思っています」

 また福田は快足、守備力の高さも注目されるが、今大会は広い守備範囲も注目された。守備については「普段の守備練習から、バットに当たった瞬間でどこに打球が落ちるのか、それをすべて予測して、練習をしています。それを積み重ねていくうちにどこが落ちるのかわかってきます。国体で対戦したチームは打てるチームが多く、苦労しました」というが、的確なポジションニングで数多くのアウトを演出した。

 国体優勝で終えて、「高校最後の大会で優勝ができて良かったですし、3年生とやれて楽しかったです」と喜びを表した福田。次は大学で続け、プレー予定だ。木製バットに切り替わってもアベレージヒッターとして、そのリーグの首位打者を常に狙えるような選手になっていくことを期待したい。

(文=河嶋 宗一

関連記事 2016年国民体育大会特設応援サイト

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

福田観大
福田観大(ふくだ・かんだい)
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:175センチ72キロ
  • ■選手名鑑
    福田 観大
【関連記事】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
履正社vs金光大阪【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
履正社vs桜宮【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
履正社vs浪速【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
履正社vs智辯和歌山【2016年春の大会 平成28年度春季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs東大阪大柏原【大阪府 2015年秋の大会 平成27年度 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
福田 観大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー