第1回 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!!2014年07月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!!(1)
[2] 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!!(2)

西東京大会、ベスト16の見どころは?!

 5日から開幕した西東京大会は、ベスト16が出揃った。ベスト16以降の見どころを紹介していきたい。

釘宮 光希 (日大三)

日大三vs佼成学園

 4連覇を目指す日大三は2戦連続コールド勝ち。破壊力ある打線は健在で、2試合で18得点。投手陣も、釘宮 光希(3年)、今大会初登板の安田 颯(3年)が好投。他にも148キロ右腕・三輪 昂平(3年)、佐渡 俊太(3年)も控え、投打ともに隙がない。

 対戦する佼成学園は小柄の本格派右腕・小玉 和樹(2年)、左腕の渡邉 弘輝(3年)の二枚看板に、打線では一発のある遊撃手・北 竜馬(3年)、俊足巧打の宮本 恵太(3年)を中心に点を積み重ねる。ともに総合力が高いチーム同士のカードで、盛り上がることは間違いない。

明大中野八王子vs国士舘

 明大中野八王子国士舘と激突する好カード。エースの坪井 将希(3年)は140キロ近い速球、キレのあるスライダー、カーブを武器に投球を組み立てる右の本格派。また坪井は4番を打ち、投打の柱。また3番奥村 大貴(3年)はバットコントロールの良い打撃、強肩が光る遊撃守備が魅力の大型遊撃手だ。

 対する国士舘は140キロ右腕・四戸 洋明(3年)が注目だが、他にも寺井 達哉(3年)、浅田 将貴(3年)の両左腕と投手陣の駒は豊富。打線も春に比べ強化され、投打ともに成長を見せている。

東海大菅生vs早稲田実業

 東海大菅生早稲田実業も好カード。東海大菅生は本格派左腕・小林 大(3年)、小林と同等の実力がある左腕・高橋 優貴(3年)の二枚看板は強力で、打線では冨塚 樹也(3年)を軸とした打線は強力で、総合力が高いチーム。

 早稲田実業は主砲・加藤 雅樹(2年)、強肩強打の兼城 賢人(3年)、巧打者・山岡 仁実(3年)を中心とした打線はしつこく、波に乗ったときは大量点が期待できる。投手陣では松本 皓(2年)、立川 尚登(3年)、西山 諒(3年)の両左腕など投手陣の人数は豊富。場面に応じて使い分け、勝機を見出したい。

都立立川vs八王子

 八王子は着実に実力を伸ばしてきた。左腕の横森 拓也(2年)が最少失点にとどめ、打線は攻守の中心・菅原 恒介(3年)を中心に小刻みに点を追加する。

 対する都立立川はノーシードから勝ち上がった。スコアを見ると初戦の都立上水戦では5対4、東京都市大付戦では4対3、そして都立桜町戦では11対1と都立桜町戦以外では接戦で勝ち上がっているだけに地力があるチームだろう。強豪・八王子に対し、どんなゲームを見せていくか。

日大鶴ヶ丘vs多摩大聖ヶ丘

 日大鶴ヶ丘は今春、日大三に逆転勝利。エース秋山を中心とした粘り強いチームだが、4回戦の都立東大和戦では2本塁打が飛び出し、打線が春に比べて強化されており、投打ともに手応えを掴んでいる。多摩大聖ヶ丘は4回戦の都立千歳丘では延長10回に及ぶ熱戦となり、7対6で辛勝し、着実に接戦に強いチームに成長してきており、侮れない相手である。


第96回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

このページのトップへ

【次のページ】 第96回選手権西東京大会 ここまでの戦いを振り返る!!(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第28回 平成の甲子園を沸かせたスター選手!吉村卓也的ベスト5!【野手編】【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第922回 盤石の選手が揃う興南を倒すのはどこだ?!対抗馬・北山のブロックは実力校が続々登場!【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第934回 西東京を制すのは東海大菅生か日大三か?それとも新鋭が現るか?戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第201回 【BIG5特集】井上広輝(日大三)は男気溢れる豪腕だ!背負える大エースへ!【ドラフト特集コラム】
第631回 思いを語りぶつけ合う、日誌こそが小山台野球、強さの秘訣 都立小山台(東京)【前編】【野球部訪問】
第977回 この夏は巧みな守備だけではなく、流れを変える一発長打を見せたい!小松涼馬(帝京)【後編】 【2019年インタビュー】
第975回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第959回 ライバルたちから刺激を受け、一歩ずつ自らの足で高みを目指す!雪山幹太(早稲田大) 【2019年インタビュー】
第953回 確立されたロジカルを持つ理論派スラッガー・冨田洋佑の打撃の極意 【2019年インタビュー】
第952回 待っていた25年ぶりの優勝。今年の東海大菅生の象徴・石田隆成! 【2019年インタビュー】
佼成学園 【高校別データ】
國學院久我山 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
駒場学園 【高校別データ】
都立小平 【高校別データ】
都立小平南 【高校別データ】
都立昭和 【高校別データ】
多摩大聖ヶ丘 【高校別データ】
東海大菅生 【高校別データ】
都立立川 【高校別データ】
都立立川国際中等教育学校 【高校別データ】
都立田無 【高校別データ】
日大桜丘 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大鶴ヶ丘 【高校別データ】
都立八王子北 【高校別データ】
八王子 【高校別データ】
明大中野八王子 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー