印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

第228回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 前編「二人が組むきっかけと苦労談」2014年12月17日

【目次】
[1]キャッチャーコンバートの経緯
[2]最初に心がけたこと
[3]最初は全く息が合わなかった

最初に心がけたこと

試合中の立田将太投手【平成24年度秋季近畿地区高校野球大会 準々決勝 龍谷大平安戦】

――キャッチャーに転向し、立田くんをリードする女房役となったわけですが、まず心がけたことはどういったことでしたか?

向谷 まずはピッチャー・立田の頭の中を知らなければいけないと思いましたね。彼がどういう考え方をしているのか。試合中、練習中に関係なく、お互いの意見を言い合うことを徹底して繰り返しましたね。

――お互いがなにを考えているのかを知るところから把握しないといいバッテリーになんかなれないと。

向谷 そうです。配球面に関して言えば、イニングが終わるごとに、攻め方の反省と、次の対策をマメに話し合って。

立田 そんな特別なことはやってないと思うんですけど、そういう話し合いはマメにやりましたね。やはりキャッチャーに転向して日が浅いですし、バッテリーを組んだ日数も浅いわけで。とにかくあらゆる面で数をこなそうと。一球でも多く、自分のボールを受けてもらいたかったので、必ずキャッチボールの段階からコンビを組みました。

――向谷選手は「自分のバッティング練習の時間を削ってでも一球でも多く立田投手のボールを受けてやる!」くらいの意気込みだったのではないですか?

向谷 そうですね(笑)。少しでも一緒にいる時間を作ろうと意識していました。

――バッテリーを組むまで、そもそも二人は仲が良かったのですか?

立田 (お互いの顔を見合わせながら)普通かな?

向谷 普通やな(笑)

――バッテリーを組むことによって、仲が深まったのでしょうか?

立田 そうですね。話す機会が激増したので、自然と。学校の帰り道も帰る方向も距離も違うのですが、途中まで一緒に歩いて、立ち止まってしゃべったり。まぁ、そういうときは野球の話ではなく、他愛もない話の方が多いんですけど。でもそんな日々を繰り返しながら、気心がどんどん知れる仲になっていきましたね。

チーム内 コミュニケーション術

このページのトップへ

【次のページ】 最初は全く息が合わなかった

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

立田 将太
立田 将太(たつた・しょうた)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:181センチ82キロ
  • ■選手名鑑
    立田 将太
  • 上記データは掲載時のものとなります。

プロフィール

立田 将太
向谷 拓巳(むかいだに・たくみ)
  • ポジション:捕手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:168センチ59キロ
  • ■選手名鑑
    向谷 拓巳
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第74回 天理と智弁学園の2強構図は変わらぬ宗教校のライバル対決【奈良・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第50回 県立大和広陵高等学校(奈良)【冬が僕らを強くする2017】
第336回 【奈良展望】盤石の野球を見せる智辯学園 智辯学園を追う注目校は?【大会展望・総括コラム】
第13回 紫と朱、天理と智辯学園の宗教校のライバル対決構図は続く(奈良県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第184回 【第97回奈良大会展望】天理と智辯学園が同ブロック!他の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第229回 大和広陵 立田 将太×向谷 拓巳 バッテリー対談 後編「意思疎通のスタートはキャッチボールから」 【2014年インタビュー】
第7回 第96回選手権大会 輝きを見せた球児たち 【2014年選手権大会】
立田 将太(大和広陵) 【選手名鑑】
向谷 拓巳(大和広陵) 【選手名鑑】
大和広陵 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー