第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手2014年12月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]汗が出るくらいのストレッチでケガを予防
[2]ストレッチが習慣になって、体に対する意識が変わった
[3]体への負担を考慮し、オープンからスクエアスタンスに
[4]打球方向を考える前に、まずしっかりバットを振る

体への負担を考慮し、オープンからスクエアスタンスに

――和田選手は以前、オープンスタンスでしたが、現在はスクエアスタンスです。これはどんな理由からですか?

和田 年齢に合った理に叶った打ち方をするためです。若い時は動きが大きいオープンスタンスでも打てたのですが、歳を重ねるにつれて難しくなってきまして…スクエアの方が体の負担が少ないので、少しずつ、09年頃から3年くらいかけて、オープンからスクエアにしていきました。
プロは年間144試合もありますからね。無理のない打ち方をしないと、1年フルに働けません。年齢に合った理に叶った打ち方を少しずつ勉強しながら、スタンスにも反映しているところです。

――和田選手にとって理に叶ったフォームというのは、その時の年齢に見合った打ち方ということなのですね。 

和田 そうです。繰り返しになりますが、いかに体に負担がかからない打ち方をするか。そうしないと体が壊れてしまうので。

――西武(現埼玉西武)時代、今年14年4月より金沢学院東高の監督をされている金森 栄治さん(PL学園-早稲田大)から打撃指導を受け、それが飛躍のきっかけになったとうかがっています。どんなことを教わったのですか?

和田 いろいろなことを教えていただいたのですが、端的に言いますと、自分の体の力を使って打つということです。打つ時は上体も下半身も使うのですが、体の幹の部分のパワーを伝えるにはどうすればいいか学びました。

――和田選手は(14年終了時点で)通算314本塁打と、長打力も兼ね備えています。高校時代から長打力があったのですか?

和田 飛んだかどうかはよく覚えていないのですが、バットを振る力はあったと思います。

――和田選手の右方向の打球は伸びると言われます。和田選手は流すのではなく、“右方向に引っ張る”という表現をされていますが、それはどういうことなのでしょう?

和田 体の力を使って打つということです。一般的に、ボールが体から遠くなればなるほど、体の力は使いにくくなります。手が体から離れますからね。でも、それではボールに力が伝わらない。僕は体から遠いボールでも、体から手が離れない打ち方をするようにしています。そうすることによって、“右方向に引っ張る”意識で打てるのです。

ベストパフォーマンスを発揮するためのけが予防

このページのトップへ

【次のページ】 打球方向を考える前に、まずしっかりバットを振る

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

和田 一浩(わだ・かずひろ)
和田 一浩(わだ・かずひろ)
  • 所属:県立岐阜商-東北福祉大-神戸製鋼-西武ライオンズ-中日ドラゴンズ
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:182センチ/90キロ
  • 1972年6月19日生まれ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第73回 「現状に満足せず、色々なことを考えながら野球をして欲しい」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第68回 「あの20キロを走り抜いたのは、彼がはじめてです」 恩師が語る「大野 雄大(中日ドラゴンズ)」【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第6回 「地元選手、そして捕手の獲得を」スポーツライター・小関順二さんが中日ドラゴンズのドラフトを分析!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第628回 徳島インディゴソックス・大藏 彰人投手(中日ドラゴンズ育成1位指名)挫折を越え、野球愛を叫び、開けた「NPB」の扉 【2017年インタビュー】
第553回 中日ドラゴンズ 荒木 雅博選手(熊本工出身)「理想となるグラブの作り方」【前編】 【2017年インタビュー】
第551回 広島東洋カープ・石原 慶幸選手「高校球児向け捕手基礎講座・コミュニケーション編」【Vol.3】 【2017年インタビュー】
県立岐阜商 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー