扇の要・竹中研人の巧みなリードで準決勝へ!



竹中研人(駒大苫小牧)

 2回戦に続いて2試合連続で完封リレーの駒大苫小牧。連投となった先発・綿路翔英(1年)投手が9回一死まで札幌新川打線を2安打に抑えると、最後の打者2人は背番号10の北嶋 洸太投手(1年)がリリーフした。

 今大会6人の投手をベンチ入りさせている佐々木孝介監督は試合後、「キャッチャーがよくリードした」と四番も務める竹中 研人捕手(2年)を讃えた。

 そんな竹中が見せた絶妙の間が6回表の二死満塁のピンチ。

 四死球やエラーで満塁とされた後、四番・蟹江啓太(2年)をサードファウルフライに打ち取ったあと、前の打席で二塁打を浴びている五番・井口寛人(2年)を迎えた時だ。

 竹中はプレイがかかった後に、一呼吸置いてタイムをとって靴ひもを結び直した。その直後、もう一度サインを出し直し、結果はピッチャーゴロ。一打同点、逆転のピンチでもあっただけに、無失点で切り抜けられたことは大きかった。

 「自分の出したサインに対してもう一度考えた結果、ちょっと単純すぎるかなと思った」とタイムをとった場面を振り返った竹中。

 さらに、「(一度サインを見ている)ピッチャーの綿路のタイムをとらせようにしてしまうと、もしかしたらボークをとられる(仕草になる)かもしれない。自分がタイムを要求して、そこから考え直した方がいいと思った」ともう一歩踏み込んだ深い理由があったことも語った。

 1つ前の打席で逆方向の右中間へ二塁打を浴びた打者への配球を思い出し、「単純すぎる」と感じたサインを一度撤回。「綿路の落差のある変化球を使って打者の目線をずらしてから直球で勝負しよう」と方針を変えた。結果的に1球で打ち取れたのは「ラッキー」だと思ったそうだ。

 今夏までは一塁手。新チームから、小学校、中学校まで経験があった捕手に再転向をした。打つ方でも四番として3試合で10打数5安打と好調。

 秋の全道連覇へ向けて、投手6人をリードする捕手に次も注目だ。

(文=松倉 雄太