2010年07月10日 長良川球場

中京vs可児工

2010年夏の大会 第92回岐阜大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中京が、コールドで岐阜大会開幕戦を飾った

攻めの手を緩めなかった中京が、コールドで岐阜大会開幕戦を飾った。

中京の4番・安江嘉純のバッティングに驚かされると同時に、その成長ぶりが嬉しかった。
冬・春を越えて打撃が非常にダイナミックになった。腕の使い方が、以前とはかなり違うのだ。フォローまで大きく振れて、豪快に飛ばすことができるようになった。第2打席の左翼2点タイムリー二塁打などはそれが顕著にあらわれていた。
昨秋の安江は、どちらかと言えば単打狙いのバッティングで、185センチの上背の割にやや打撃が小さく見えた。ミートセンスもあったから、それでも良かったが、やはりこれだけの長身選手なら、大きな当たりも見せてほしいというもの。対外試合禁止の期間中に、しっかり振り込んだのだろう。
この安江、1年生の秋には投手としてマウンドで投げていたが、筆者はこの時に高い素質に惚れ込んだ。しなやかな腕の振り、指先感覚、球速表示以上の球質…。以後は故障により投手業からは遠ざかっていたが、今夏は状況次第で登板も考えられるということで、そちらも楽しみだ。

中京の先発は、エース加藤 智弘の状態が万全ではないということもあってか、背番号17の荒木真陽。長い腕をシャープに振って、打たせてとる投球を展開した。1番を打つ近藤慎晃が、4回裏に今大会第1号の本塁打を放った。小柄ながら体ごと振り抜いたようなスイングで、投球と見事に衝突、レフトスタンド中段まで飛ばした。

* * *

可児工の先発は1年生サイドハンドの土屋優貴。そんなに制球は乱れないし、時折ハッとさせるような球も見られた。2番手の伊里優輝はカーブが持ち味。捕手で4番の田口元貴は、まずまずのパワーと強肩を見せた。
5点を追う5回表、可児工は3本のヒット(いずれもセンター返し)で1死満塁のチャンスを作る。球場がざわめきを見せた。しかし残念ながら、後続の打者が右飛(中京のライトを守る安江が強肩のため、タッチアップも自重)、投ゴロに倒れ、ホームベースを踏むことはできなかった。
1年生、2年生が主体の若いチームだけに、この経験を秋以降につなげたいところだ。

(文=尾関 雄一朗




この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs東海大相模【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京vs北照【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京大中京vs誉【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
三つ巴に絡む新勢力の登場で、混戦が予想される岐阜県の勢力図とは? 【ニュース - コラム】
第67回 県岐阜商に名将就任で大垣日大の対決も注目、中京学院大中京なども絡む【岐阜県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
決勝戦は12日、岐阜工vs岐阜高専が対戦!【岐阜県工業高等学校野球大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第429回 9月24・25日は準決勝のピーク!激戦カード一挙紹介!!【大会展望・総括コラム】
第46回 ここまでプロ志望届けを提出した指名有望な逸材を徹底紹介!【ドラフト特集コラム】
第404回 30日から開幕!U-18 アジア選手権の代表メンバーを発表前に大胆予想!!【大会展望・総括コラム】
第42回 今井(中京)、寺島(履正社)、藤嶋(東邦)と大会2日目はドラフト候補が多数登場!【夏の大会特集2016】
第348回 中京高等学校 今井 順之助選手 「世代ナンバーワンスラッガーを目指して」 【2015年インタビュー】
第212回 福岡ソフトバンクホークス 松田 宣浩選手(岐阜・中京高出身) 【2014年インタビュー】
第130回 北海道日本ハムファイターズ 稲葉篤紀選手(後編) 【2013年インタビュー】
第129回 北海道日本ハムファイターズ 稲葉篤紀選手(前編) 【2013年インタビュー】
可児工 【高校別データ】
中京 【高校別データ】
第92回岐阜県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

さっすが〜!安江君!!!hey,bonjin 2010.07.12
愛知県での小学校時代から安江君は投打に名の知れた有名選手でした。中京での活躍は一ファンとして嬉しい限りです。甲子園にぜひ行って、打倒東邦(中京大中京?)めざしぜひ頑張ってください。応援しています。

応援メッセージを投稿する

岐阜県地域応援スポンサー

岐阜県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る