目次

[1]ずば抜けた野球センスを持っていた東海大菅生・福原聖矢
[2]これくらいはやってくれないと僕たちの目が疑われる

 毎年、各世代で活躍する選手の経歴を見ると、中学時代に日本代表に選出された選手だったということはよくある。 中でも、連盟の括りがない侍ジャパンU-15代表は、各連盟のトップ選手が集うため非常にレベルが高いことで有名だ。

 前回に引き続き、そんなU-15日本代表の中で、新チームを迎えた2年生の選手に着目していく。 コーチとして指導した東練馬シニアの徳元敏監督(元オリックスなど)に当時の選手たちの印象やエピソードを伺い、現在地についても見ていきたい。今回は東日本編だ。

ずば抜けた野球センスを持っていた東海大菅生・福原聖矢


 東日本に目を移すと、関東地区での活躍が目立つ。
 特に、当時2年生ながら唯一代表に選ばれた福原 聖矢(安仁屋ヤングスピリッツ出身)は、入学直後から攻守で東海大菅生を牽引。捕手と二塁を守るセンスに加え、4回戦の中大杉並戦ではサヨナラ安打を放つ勝負強さも発揮し、その名を東京中に知らしめた。

 飛び抜けた野球センスが際立つが、徳元監督もその才能に惚れ込んだ指導者の一人だ。

 「福原は、そりゃすぐ試合に出れますよ。もう猿ですよね。
 元々捕手ですが、『セカンドも守れるから守っていいですか』って言うから守らせると、本当にピカイチで。
 口数は少ないですけど賢いですよ。自分で考えて右方向に打ったり、野球をよく知っている」

 そして、その福原と昔から仲が良いという本田 峻也(小松加賀リトルシニア出身)も、東海大菅生の投手陣の一角として、この夏は準決勝~東京決戦まで3試合連続で先発登板し、獅子奮迅の投球を見せた。独特のインステップを武器に活躍を見せる本田だが、徳元監督は印象深いエピソードがあると振り返る。

 「本田は本当におしゃべりな奴ですが、アメリカ戦で良い投球ができて少し浮かれていたんです。
 その後の試合はリリーフで待機させていましたが、ブルペンでは焦らず投げ過ぎるなよと言っていたのに、ずっと投げているんですよ。

 そしていざ登板する時には疲れたみたいで、四球出して打たれて。試合後に『俺あれだけ言ったよな』って言ったら、さすがのあいつもへこんでいました。今となっては良いエピソードです」