第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】2020年09月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]関西人独特の気持ちの強さがあった大阪桐蔭・池田陵真
[2]甘えた。でもすぐに選出をお願いした智辯学園・小畠一心

 毎年、各世代で活躍する選手の経歴を見ると、中学時代に日本代表に選出された選手だったということはよくある。中でも、連盟の括りがない侍ジャパンU-15代表は、各連盟のトップ選手が集うため非常にレベルが高いことで有名だ。

 今回は、そんなU-15日本代表の中で、新チームを迎えた2年生の選手に着目していく。

 2018年8月10日~19日にパナマで開催された、第4回WBSC U-15 ワールドカップに出場し、4位の成績を残した当時の侍ジャパンU-15代表の選手たち。
 コーチとして指導した東練馬シニアの徳元敏監督(元オリックスなど)に、当時の選手たちの印象やエピソードを伺いながら、現在地についても見ていきたい。前編では西日本の高校に進んだ選手を紹介したい。

関西人独特の気持ちの強さがあった大阪桐蔭・池田陵真



大阪桐蔭・池田陵真(忠岡ボーイズ出身)

 まずここまで最も存在感を見せているのは、大阪桐蔭の池田 陵真(忠岡ボーイズ出身)ではないだろうか。1年秋から1番センターに定着し、この夏も勝負強い打撃で打線を牽引。長打力も増し、本塁打も量産中。甲子園交流試合でも東海大相模を相手に2安打を記録し勝利に貢献し、さらに新チームからは主将を務めている。

 そんな池田について徳元監督は、「目のギラギラした関西のやんちゃ坊主」と当時の印象を振り返る。

 「キャプテンに指名しましたが、とにかく目がギラギラして、一番試合に出たい、俺を出してくれという思いがすごく強い選手でした。関西人独特の気持ちの強さがあって、やっぱり2年から活躍するよなという感じですね」

 またこの年のU-15代表からは、池田の他にも速球派右腕・竹中 勇登(倉敷ビガーズヤング出身)、捕手・坂 玲哉(湖南ボーイズ出身)、竹中と同じく速球投手として注目された樋上颯太(湖南ボーイズ出身)、外野手・花田 旭(西淀ボーイズ出身)と4名の選手が大阪桐蔭に進学した。

 竹中は1年秋から公式戦でも登板があり、坂も夏はベンチ入りを経験。樋上、花田も新チームでは活躍が期待されているが、徳元監督は、彼らについても大きな期待を込めてエールを口にした。

 「竹中も田舎のやんちゃ坊主ですよ。『田舎者だけど何?』みたいな感じで。坂も樋上も中学の時から実力がありますし、花田ももっと早く試合に出ると思っていました。
 みんなまだまだこれからなので頑張ってほしいですね」

【次のページ】 甘えた。でもすぐに選出をお願いした智辯学園・小畠一心

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1285回 福大大濠のもう一人の逸材。通算21発の山城航太郎が大学では投手に専念する理由 【2020年インタビュー】
神村学園vs鹿児島実【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs加治木【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs尚志館【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs出水中央【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
第1272回 高校1年で味わった洗礼を糧に。U-15代表を経験した144キロ右腕・小畠一心(智弁学園)の進化の軌跡 【2020年インタビュー】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
福岡大大濠vs宮崎商【2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第1265回 自粛期間をプラスにした153キロ右腕・山下舜平大(福岡大大濠)をドラフト上位候補に押し上げた急成長の裏側【後編】 【2020年インタビュー】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1048回 潜在能力の高い主力が抜けて心機一転の福岡大大濠。目指すは「納豆のように粘り強い野球」【野球部訪問】
秋山 恭平(広島新庄) 【選手名鑑】
池田 陵真(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
内山 陽斗(天理) 【選手名鑑】
小畠 一心(智辯学園) 【選手名鑑】
坂 玲哉(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
杉下 海生(天理) 【選手名鑑】
竹中 勇登(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
花田 旭(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
古川 秀弥(福岡大大濠) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
広島新庄 【高校別データ】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム