第89回 稀代のスラッガー・阿部慎之助が引退 今なお輝きを放つ5名の2000年ドラフト戦士たち2019年09月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 今季現役はわずか5名
[2] 初のプロアマ混成チームとなったシドニー五輪戦士たちも同期入団

 9月23日、読売ジャイアンツの阿部慎之助が現役引退することがわかった。捕手出身選手としては野村克也氏以来、史上二人目となる通算2000安打、400本塁打を放った稀代のスラッガーは、20世紀最後となった2000年のドラフト会議で、中央大から1位指名(逆指名)でプロ入りを果たした。

 今回は、現役選手は残りわずかとなった2000年のドラフトを振り返りたい。

今季現役はわずか5名



内川聖一(ソフトバンク)

 2000年のドラフト会議から19年が経った今シーズン。86名が指名され、84名がプロの世界へと飛び込んだが、今季を現役で迎えられたのは阿部を含めてたったの5名だ。

 大分工から横浜ベイスターズに1位で入団した内川聖一は、37歳を迎えた今季も134試合に出場し、126安打、12本塁打とバリバリのレギュラーとして活躍を続けている。打率こそ全盛期より落としてはいるものの、優勝争いを繰り広げるチームにとって欠かせない存在だ。

 現在、巨人で阿部とチームメイトの中島裕之は、伊丹北から5位で西武ライオンズに入団。2年目から徐々に頭角を現すと、4年目にレギュラーに定着し、ブレイク。強打の遊撃手として活躍し、2013年にはアメリカに挑戦。故障もありMLB出場はなかったが、2015年に帰国し、オリックス、巨人と活躍の場を移している。

 その中島と小学校時代にバッテリーを組んでいた山崎勝己も現役を続けている。報徳学園から4位でソフトバンク入りし、2014年にはFA移籍でオリックスへ。経験豊富なベテラン捕手として、チームを支え続けている。

 阿部同様、今季限りでの現役引退を表明した畠山和洋も、この年のドラフト5位で、専大北上からヤクルトに入団。期待されながらもレギュラーに定着できない時代が続いたが、2015年には打点王に輝き、主砲としてチームをセ・リーグ優勝に導いた。

 今季までユニフォームを着続けた5名の中で、阿部は唯一の大卒選手だ。他の選手よりも4歳年上ながらも長く現役を続けられたのは、ひとえに阿部が誰よりも努力を重ねてきたことに他ならない。

【次のページ】  初のプロアマ混成チームとなったシドニー五輪戦士たちも同期入団

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第33回 高校生必見!プロ野球選手が実践する家で出来るトレーニング!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1回 「次世代を担う選手が少ない」スポーツライター・小関順二さんが巨人のドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第88回 日本開催ラグビーW杯開幕! 日本代表に野球経験者は?【高校野球コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第952回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
茅ケ崎西浜vs鶴見大付【神奈川県 2010年夏の大会 第92回神奈川大会】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム