目次

[1]国士舘の初戦は都立日野か早大学院か
[2]早稲田実・国学院久我山のゾーンは混戦か?

 7月6日に開幕する第101回全国高等学校野球選手権西東京大会。6月15日に抽選が行われ、組み合わせが決定した。東海大菅生日大三国士舘など強豪がひしめく西東京。それでは早速展望を見ていこう。

組み合わせ・日程はこちら
2019年 第101回 全国高等学校野球選手権大会 西東京大会

国士舘の初戦は都立日野か早大学院か


 シード校にとって、初戦は独特の難しさがある。相手は1、2試合戦っているのに対し、3回戦から登場するシード校は初戦の緊張感があるからだ。そして今回、最も厳しいカードになったのは国士舘だ。

 都立日野都立青梅総合の勝者が早大学院と対戦し、その勝者との対戦になった。都立日野は都立でただ1人東京代表に選ばれ、年末のキューバ遠征に参加した山崎 主真をはじめ、選手個々の能力は高い。

 早大学院薗部 将大など好打者を有する打撃のチームだ。春季都大会では帝京と互角の試合をしている。都立日野と対戦すれば、打撃戦が予想される。

 国士舘は関東大会で山田 裕也が好投したのは好材料。際立った選手はいないものの、内野手の黒川 麟太朗を中心に攻守に安定感がある。しかし、都立日野であれ、早大学院であれ、簡単な相手ではない。

 さらに勝者が準々決勝まで勝ち上がると、春季都大会で3本塁打を放った稲木柊哉などの打棒で久々にシード校になった法政大高、攻守にまとまる創価、カットボールなどのキレがいい細田 怜希を擁する世田谷学園などがいるブロックの勝者と対戦することになる。

昨夏準Vの日大鶴ケ丘は都立東大和と対戦



左腕のエース・中村晃太朗(東海大菅生)

 対戦相手が決まった初戦屈指の好カードは、昨夏の準優勝・日大鶴ヶ丘と元祖・都立の星である都立東大和の対戦だ。日大鶴ヶ丘は、清野佑馬が投手と二塁手の二刀流で攻守の中心になる。夏に向けて、チーム力を上げていくのもうまい。対する都立東大和は、エース・小寺 敦斗がカギを握る。

 このブロックには日大二昭和一学園がおり、順当なら3回戦で対戦することになる。日大二はエースの田中啓斗がこの春成長。シード校になる原動力になった。昭和一学園のエース・館 慎太郎は2年生ながら球威があり、投げ合いが予想される。

 日大二はシード校とはいえ、準々決勝に勝ち上がるのは容易ではないが、準々決勝に進出すれば優勝候補の筆頭である東海大菅生との対戦が予想される。東海大菅生日大二は2015年から17年まで3年連続で対戦している。いずれも東海大菅生が勝ったものの、かなりの接戦であった。

 エースの中村 晃太朗、強肩強打の捕手・小山 翔暉をはじめタレント揃いの東海大菅生が圧倒的に優位であることは間違いないが、同じブロックは明大中野八王子佼成学園などもおり、決して油断はできない。