第861回 注目校・明石商や桐蔭学園が登場!大会5日目の見所2019年03月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 第91回選抜高等学校大会5日目。明石商桐蔭学園などの注目校が多く登場する。そんな3試合の見所を見ていきたい。



大会5日目を制するのは?

第1試合 国士舘vs明石商

 この試合のポイントは国士舘が先制点を挙げられるか、挙げられないかで試合内容が変わってくる。国士舘は先制点を挙げることが心の持ちようになっており、格上相手にも粘り強い野球を展開する。結果として東海大菅生も破り、優勝も決めている。

 しかし劣勢になってからのスタートになると、なかなか巻き返しができない。事前分析が優れた明石商はその傾向をしっかりとつかんでいるだろう。打線では1番・来田 涼斗、2番・水上 桂が起点となり、つなぎの打撃で国士舘投手陣を攻略したい。国士舘投手陣は継投策もポイントとなる。

 国士舘明石商の好投手・中森 俊介宮口 大輝を捉えることができるか。最もメカニズムが良いスラッガー・冨田 洋佑、俊足巧打の黒川麟太郎がキーとなって、着実に点を加えたい。

第2試合 松山聖陵vs大分

 投手陣の層が厚く、打撃力が高い選手を多く揃えた松山聖陵と、好野手を多く揃える大分との対決は非常に見応えがある。

 松山聖陵は大型投手・根本 大蓮、140キロ越えの平安山 陽と好投手を多く揃える打線も、打線は大村 侑希、坂本 幸成が軸となる。連打と秋季大会で9試合で12盗塁を記録した機動力を絡めて勝負したい。

 一方、大分は正捕手・江川 侑斗が攻守の要。キャッチング能力、スローイング能力など捕手に求められる総合力が非常に高く、エース・長尾 凌我は120キロ後半だが、制球力が高く、江川のリードによってどんな投球術を発揮するのか。打線はバットコントロールが高い中尾 拓士、大型二塁手・足立 駿、江川、長打力のある飯塚 和茂が中心となる。

 お互いの力量を考えると、4~6点の勝負となりそう。高いレベルの駆け引きを期待したい。

第3試合 桐蔭学園vs啓新

 複数投手陣でつなぐチームカラーは共通しているが、投手力に分があるのが啓新。打撃力に分があるのが桐蔭学園というところだろう。

 啓新の大型右腕・安積 航大はこの春、最速140キロを計測し、仕上がりは良好。右サイドの浦松 巧も135キロ前後の速球とキレのあるスライダーを投げ分け安定感は十分。打線は突出した力量を持った野手がおらず、春先の練習試合でもなかなか得点ができず苦しんだ。つなぎの打撃で回転していきたい。

 一方、桐蔭学園は遊撃手の4番森 敬斗、打撃力が高い一塁手・上川 航平、攻守でバランスが取れた川久保 瞭太が打線のキーマン。投手陣では技巧派左腕・伊礼 海斗や大型右腕・山崎 駿が軸となる。伊礼の巧みな投球術は啓新打線を大いに苦しめそう。

 打撃力が高い桐蔭学園がどう突破口を切り開くのか。神宮大会で浮き彫りとなった走塁の判断ミス、守備ミスはすべて準備不足、確認不足からくるもの。それがなければ桐蔭学園が有利に試合運びをしていくと思うが、啓新も、粘り強い試合運びができるだけに、後半勝負に持っていきたい。

 3点~6点ぐらいの勝負になるのではないだろうか。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
第1095回 化け物クラスの投手へ 中森俊介(明石商)が求めるのは「柔軟性」。【後編】 【2020年インタビュー】
第1094回 最速151キロ、二季連続甲子園ベスト4と全国的な活躍も…。もがき苦しんだ中森俊介(明石商)の2019年【前編】 【2020年インタビュー】
白樺学園vs国士舘【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
国士舘vs帝京【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs都立城東【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs修徳【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
国士舘vs明大中野八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1054回 無名の高校だからこそじっくり成長できた 玉村昇悟(丹生)【前編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
大分 【高校別データ】
大分工 【高校別データ】
大分商 【高校別データ】
大分一 【高校別データ】
大分二 【高校別データ】
啓新 【高校別データ】
国士舘 【高校別データ】
情報科学 【高校別データ】
高田 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
中津商 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
三重 【高校別データ】
森 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム